So-net無料ブログ作成
検索選択

『インモータルズ~神々の戦い~』 [映画]

                   220px-Immortals_poster.jpg
                    『イモータルズ ~神々の戦い~』


 以前にも書きましたが、最近のタイトルはどーも覚えられん!
 インモータルズってどういう意味よ? わかんねーって!
 ちなみに辞書を引くと、、、「不死の」「不滅の」「神の」とか書かれてあった。
 imは頭にくる非定型だから、基本単語はmortalになる。これだと「死ぬべき運命の」「致命的な」というような意味なので、まあ、納得はできるが、普段使う単語じゃないでしょ。サブタイトルだけじゃなくて、題名そのものを日本語にして欲しいなあ。

 制作は『300』の制作チーム。そういえばあちらも古代ギリシャ(スパルタ)を舞台にした戦いの物語だったっけ。監督は『300』とは違うんだけど、テイストや撮り方には共通点がうかがえる。特にバトルシーンでは。
 2D、3Dあるが、そろそろ3Dに飽きてきたワタクシは、迷わず2Dを選択。だって2Dの方が色がビビッドできれいなんだもん!

 まずは物語の前提として、
 <善と悪の激しい戦いがかつて繰り広げられて、神が勝利し、悪は地の奥深く封印された・・・>
 これを覚えておきましょう。
 で、人間界では、悪の王ハイペリオンが、封印された悪の力を使ってギリシャを征服しようとの野望を抱き、善と悪の戦いの時に使用された弓を探し、その弓で悪を解放しようと画策する。
 一方、身分は低くとも、心身ともに立派に育った青年テセウスは、ハイペリオンによって最愛の母を殺された復讐に立ち上げる・・・。

 なかなか日本人には身近なようでいて遠いギリシャ神話。
 酒の神バッカスや、アキレス腱の由来にもなった戦いの神アキレス、海の神ポセイドン等々、多少は知ってはいても詳しいことになると、? だったりする。
 それでも神々の世界と聞けば、何か壮大で華々しいイメージがあり、つい興味を惹かれてしまうのもまた事実。
世界観が壮大ゆえ、2時間半ほどの上映時間も逆に短く思え、なんとなくダイジェストを観ている感もなきにしもあらず。どうせなら『レッド・クリフ』みたいに全編・後編でもよかったかも。

 圧巻は金粉ショー(?)さながらの全身金キラ衣装を身にまとい、悪と戦う神々の勇士。スローモーションを効果的に用い、人間をはるかに超えた神様バトルを堪能させてくれる。それと、『300』の時同様、狭い中での接近戦に冴えが見られる。

 続編はないだろうけれど、もう少しこの世界観を体感していたかったなあ・・・と思える。
 そう考えると、NHK-BSで放送したイギリスのTVドラマ『大聖堂』(ケン・フォレット原作)みたいに、45分、全8話とかの方が向いていた? かも。


 PS.突っ込もうと思えば、突っ込みどころ満載とも言えるので、評価はおしなべて低し、、、なんだろうけど)
 

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。