So-net無料ブログ作成
検索選択

『バットマン:ダークナイト・ライズ』 [映画]

           15431429_448x636_512.jpg


 けっこう期待していたんですよ。
 ほら、前作の『ダークナイト』が良かったものだから、こう、期待値がググッと高まって、久々に、観てーっ!! て感じになっていたのよ。
 で、実際に観てみたら、、、う~ん、がっかり・・・。

 どこががっかりかと言うと、


 ◆バットマンが弱々しい
  悩めるダークヒーローなので気持ちは分からなくもないんだけど(前作で市民から石投げて追われるような状況だったし)、でもさあ、8年間も姿をくらましって、実は屋敷から出て来ない引きこもり状態、なおかつ足は引きずっているわ、表情は憔悴しきってるわで、のっけからまったく精彩のないブルース・ウェインてのも魅力なくないですか?

 ◆悪役ペインの行動の理由が分からない
  冒頭から弱々しいバットマンことブルース・ウェインに対し、異様な出で立ちのペインが、暴力全開で強烈な個性を発揮するのだが、なぜ彼がゴッサムシティ壊滅に執着するのかの説明がない。なので話の核となる一番肝心なこと抜きで事件が起きても、いまいちピンとこないのだ(後半になって、説明しないのではなく、出来ないのが判明するが)。


 =ちょっとネタバレあり=

 ◆事件の真の犯人が判明するも?
  一連の事件を裏で操っている真犯人が判明するも、はあ~?? って感じで、話をひっくり返すための無理やりな力技でしかなくシラケる。だいたいカンの良いひとなら、こいつ胡散臭くね? とピンとくるし。

 ◆ご都合主義のシナリオ
 で、真犯人が判明したとたん、凶悪犯ベインは、一転、愛の人になっちゃうし(笑) それでも動機は薄っぺらだし。ん~、どうしたもんかいな。
 おまけにバットマンの最後は最後にあらず??? はたまた、もしかしたらバットマン以上の主役扱いっぽいジョン・ブレイク刑事の顛末とか、全体が大団円に向けての仕込みなのが明快で、なるほどねえ・・・と納得は出来るものの、そのあざとらしさにちょっと拒否反応も。

 =ネタバレ終了=


 じゃあ、手放しで良かったのは、、、というと、女泥棒のセリーナを演じたアン・ハサウェイ。
 いやあ~、美人だなあ・・・。後にキャットウーマンになる黒のスーツもさまになっていて、その出で立ちでバットマンご用達のバイクに乗る姿には、下半身にズン! と、くるものがある。

 けしてつまらないわけではないのだけれども、後半のシナリオのチープさが致命的。
 結果的に、前作が出来過ぎたのね、って話で終わってしまいそうなのがつらいね。

   
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。