So-net無料ブログ作成
検索選択

「ああストレンジャー」「LAND→SCAPE/海を眺望→街を展望」 [演劇]

 今、といっても、3年くらい前から注目していた劇団、マームとジプシー。

 反復するシーンの中から立ち上る人の想いと記憶。
 懐かしさは、、、でも、時として悲しみの雫を含む。
 若さゆえの愚かさと後悔・・・。

 そんな想いに溢れた芝居を、エネルギッシュに展開するマームとジプシーは、今ではチケットの取りづらい劇団と呼ばれている。

 「ああストレンジャー」は、カミユの「異邦人」をベースにしつつも、あくまで演出家の藤田貴大色100%の作品。
 原作のエキスのみを抽出し、舞台を現代日本に移し替え、人が存在することの違和感を映し出す。違和感というのは後天的に感じるのではなく、もしかしたら存在的に我々誰もが抱えているらしい<原罪>に近いものなのかもしれない。それを感じながらも、それでも人は生きてゆく。単純ゆえに動かしがたい事実・・・。

 一方、「LAND→SCAPE/海を眺望→街を展望」は、藤田貴大が九州の小倉に滞在し、そこで感じたことを芝居を通して表現した異色作。
 北九州芸術劇場の依頼によって生まれ、地元九州で活躍する俳優及びマームとジプシーの面々とのコラボレーションによって描かれる<ある地方都市の憂鬱>。
 街の商店街であったり、海だったりといった風景に混ざり、街を出てゆく者、戻って来る者、嫁いで病で亡くなった姉だったり、海で消息を絶った身内だったり、何気ない日常の中にあるひりひりするような楔(くさび)は、時にむき出しになり心を刺す。

 マームとジプシーは、藤田貴大の大いなる創作意欲の赴くまま、かなり早いタームで新作を上演し続けている。
 まさに今観るべき劇団の最右翼だと思う。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。