So-net無料ブログ作成

てんとてんを、むすぶせん。からなる、立体。~(マームとジプシー) [演劇]

 横浜で観る芝居。
 急な坂スタジオプロデュース、マームとジプシーの新作。
 正式タイトルを、
 「てんとてんを、むすぶせん。からなる、立体。そのなかに、つまっている、いくつもの。ことなった、世界。および、ひかりについて」
 ・・・と、いう。

 横浜中華街を散策し、山下公園へ。


            108_512.jpg

 公園到着後、ぐるりと周囲を見渡し、1枚。

            111_512.jpg


 それから関内駅の反対側に回り込み、吉田町にあるはずの十六夜(いざよい)吉田町スタジオへ。
 とは、簡単にゆかず、立ち往生。
 近くの交番に駆け込み、婦警さんに尋ねるも、無線で呼び出しされ、そこを離れる。なんでも駅前でケンカがあったらしい。婦警さんもたいへんなのだ。
 地図で教えてもらったあたりを散策するも、やっぱりわからず。
 今度は急な坂スタジオのスタッフと携帯での誘導で、やっと会場にたどり着いた次第。そもそも看板出てないし。

 会場は10畳ほどのフリースペースで、中央に柱がドンと立っている。
 そこを囲むようにして客席が設置されている。満席でも50人ほどなので、役者の息づかいもはっきり聞き取れる距離。
 どのような会場でも、変幻自在に対応してみせるマームとジプシーなのだった。
 今回の芝居は3パターンあり、一人づつ人数が増えてゆくという趣向。ボクが観たのは一番人数の多い(6人)バージョン。

 マームとジプシーの芝居を説明するのは難しい。起承転結といったような明快なストーリーではないからだ。物語を語るのではなく、人の想いを語る芝居とでも呼ぶべきか。

 捨て去ったはずの故郷は、しかし、心の奥深くに今でもしっかりと存在し、忘れた頃にフッと浮かび上がる。
 登校拒否をして、一人で山にこもり、キャンプ生活をし始めた少女。そして、その親友の2人の少女。キャンプする少女に想いを寄せる少年、そしてその友達。
 10年以上も前の出来事が、再び故郷に集まり、顔を合わせた今、つい昨日のように思い出される。お互いが不在だった時間を飛び越え、まるで昨日の出来事のように、過去が今を侵食してゆく。
 残った者、出て行った者、それぞれの心に、それぞれの悔恨を刻みつけながら・・・。
 今、ここにいる者、いなくなった者、道は分かれて、時間は共有されはしないけれども、やっぱりそれはそれで大切なもの。だから、否定するのじゃなくて、受け入れて、今につなげてゆく。
 今は否定されるべき存在ではなく、肯定されるべき存在であるべきだろう? と。

 この公演は、イタリアとチリで5月に上演される予定となっている。
 きっと世界を驚かせてくれるに違いない。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。