So-net無料ブログ作成
検索選択

「グランド・マスター」 [映画]

              137016115077713221956_400.jpg


 ウオン・カーワイ久々の映画です。
 それもカンフーもの。
 ということは、単なるカンフー・アクションではないですな。

 この映画、実は一般的な評判はすこぶる悪い。
 仕事先の人も何人か観て、
 「う~ん・・・ アクションじゃあないんだよねえ」
 「スローモーションばっかり。それも夜のシーンばっかり」
 と、冷淡なコメントばかり。

 でも、鑑賞券買っちゃったし、ウオン・カーワイ好きだし、これまで全部観てるし(キムタク主演のやつだけ例外)・・・。
 
 と、恐る恐る劇場に足を運んでみたら・・・

 これが、面白い!!!

 オープニングの雨の中でのイップ・マン(トニー・レオン)の決闘シーンから、キターッって感じで、わくわくしてしまった。えしまった
 ウォん・カーワイ監督の最大の持ち味はスローモーションだと思う。
 古くは、サム・ペキンパー監督やイタリアのヤコペッティ監督等が多様したスローモーションを、さらに洗練させ、華麗にお色直しして、我々の目の前に提示して見せた。
 特に今作は、クローズアップの妙も注目すべきところで、雨の雫や、足元にたまった水たまり、それが跳ねるところと、まるで静止画の決めのポーズが永遠と続くかのようで、目が離せない。

 イップ・マン演じるトニー・レオンもカーワイ監督とは長い付き合いで、アジア映画のスターここにあり! の、オーラを身にまとう。まさに<静かなる男>の面目躍如である。
 一方の、チャン・ツィィーも、アジアを代表する女優に成長し、ここでも八卦掌(はっけしょう)の使い手として、華麗な技の数々と、美貌を惜しみなく披露している。
 この2人を中心に、これまたカーワイ監督の常連であるチャン・チェンが、中国国民党員で八極拳の使い手として、荒々しい技を披露する。ちなみに彼のエピソードは本筋とは関係ない。多分、編集時にカットされてしまったのか、それとも気まぐれな監督のこと、エピソードを膨らませる前に終えてしまったかのどちらかに違いない。それでも、その存在感は主役の2人を食うほど強烈だ。

 アクション・シーンも十分面白いが、それと同様に、トニー・レオン演じるイップ・マンとチャン・ツィイー演じるゴン・ルオメイの敵対関係ながらもお互いに惹かれ合う心情が美しい。それゆえに、拳法家の父親の後継者であり、なおかつ父親のかたきである形意拳の使い手マー・サンとの対決後のゴン・ルオメイの運命には心が痛む。映画の中でははっきりとは語られていないものの、前後の流れを理解すれば、すぐに気づくはず。涙なくしては語れない・・・。

 余談ながら、ボクのまわりでこの作品を観て、面白いと言った人、なし!
 ネットでの評判もかんばしくない。
 でも、昔からのカーワイ監督ファンならはまること請け合い。
 絶対に面白いですよーっ!!!

 
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。