So-net無料ブログ作成
検索選択

G1クライマックス2013 in 両国 [雑記]

 早いもので、今年ももう一年の半分が過ぎようとしている。
 暑い!
 暑い!!
 暑い!!!
 異常な暑さは、『地球⇒火星説』(地球の環境破壊を食い止めるため、一部の人間を知らない間に火星に住まわせているという珍説)を立証するものだろう。

 そんな8月は、お盆に合わせて、新日本のG1クライマックスに限る。
 どうせ暑いんなら、もっと暑く、熱く、ついでに(体型も)厚く、なってやろうじゃあ、ありませんか!

 そんな輩が、今年も集結する、10日(土)~11日(日)、両国国技館、2days。
 最終日のチケットが早い段階でソールド・アウトする事態もあり、前日の10日(土)に乗り込んだ。

 両国駅に4時20分に到着。
 開場時間は5時。試合は長丁場になること必至。なので、ここで事前の燃料補給。
 ガード下のペッパーランチだ。

 001_512.jpg
 見るからに熱い、鉄板の上に乗ったハンバーグ&ビール! ライスはもちろん大盛り!!
 ガッツリ食べるぜ!!!

 さて、早めの腹ごしらえも終了。すでに出来ている入場列に並ぶ。

 003_512.jpg
 002_512.jpg
 入場開始すぐの入口前。けっこう狭いので、すぐ人で溢れてしまう。その左横には、さすがブシロード、商売っけもたっぷり。

 004_512.jpg
 入口入って正面には、こんな嬉しい企画も。棚橋はデビューの頃からいい身体していたんだなあ・・・。逆に後藤は変わったぞ! と、デビュー時と今を見比べて、つい笑みが。

 007_512.jpg
 試合開始30分前。徐々に席が埋まってゆく。早く始まらないかなあ~。

 カードゲームのネット対戦優勝者の表彰式を終え、5時ジャスト。場内が暗くなり、いよいよ試合の開始!

 急遽組まれた第1試合は、飯塚に実況アナウンサーが襲われそうになるのを、開設者の中西が助ける一幕もあり、お約束の展開に、場内、早くも大うけ。
 試合後には桜庭が登場し、翌日に対戦する飯塚を、オリジナルのアイアンフィンガーで、やっつけると高らかに宣言。

 第2試合、バレット・クラブ同士の対戦は、巨体を生かしたデビー・ボーイ・スミスJrが、大金星。まだ若いので荒削りなれど、上手く育てれば、ちょっと手が付けられない強豪になるやも。

 015_512.jpg
 第3試合、裕二郎のトークが炸裂&お姉ちゃんへのキス攻撃が決まる。しかし、試合はアンダーソンが勝利。ピロートークよろしく、レスリングも精力絶倫でねちっこいのを望む。

 第4試合、巨漢ランス・アーチャーに挑む小島。小島コールに、今でも小島人気って高いんだなあ、、、と、感心。あと少しのところで撃沈は惜しかった。

 017_512.jpg
 第5試合、なぜか異常人気の矢野通。場内、ヤノ・トールコールの大合唱!

 ここで15分間の休憩をはさんで、後半へ。

 018_512.jpg 
 試合開始前に柴田登場。後藤の下あご骨折で試合が流れたことで一言。最近、プロレスが面白くなってきたと、意外な発言に続き、試合の出来なかった悔しさを、翌日の柴田戦にぶつけると言うや、マイクをマットに投げつけた。柴田、いいねえ~。

 019_512.jpg
 第6試合、真壁VS石井の、真っ向勝負にもほどがある! 対決に、場内大興奮!! 
 意地でも倒れない、やられたら同じ技で倍返しの熱戦に、試合後、負けた石井に大きな拍手と石井コール。いい試合だった。

 022_512.jpg
 第7試合、鈴木みのるVS飯伏。まさに正反対の戦い方のR溶融なれど、意外な融合を見せる。飯伏の潜在能力の高さは際立っている。

 024_512.jpg
 027_512.jpg
 第8試合、今やすっかり、イヤァオ!! の人になった中邑真輔VS怪我からの復帰で頂点を目指す内藤。真輔、入場からクネってます! 内藤、恰好良いです。 それにしても長い脚から繰り出す真輔の相手をバカにするような蹴りは、けっこうダメージ大きいと思う。ここは内藤、踏ん張っての勝利!!

 029_512.jpg
 033_512.jpg
 第9試合、いよいよこの日最後の戦いは、現G1王者VS前G1王者の戦い。序盤はゆったりペースだったものの、次第にヒートアップ。特に棚橋のオカダへの足殺しが成功し出してからは、まさに一進一退の攻防。
 必殺技、レインメーカーも研究されつくして、なかなか決まらないどころか、棚橋に逆レインメーカーを決められ、ピンチ! 結局30分では勝負が決まらず、引き分け。

 午後6時始まって、終了は9時半。熱戦につぐ熱戦で、こちらも限界までヒートアップ。これで2階席¥4,000は安い!!
 このブログを書いている途中にも、両国最終決戦がまさに今、開催されているところ。
 勝ち点10が並んでるでないの! どうすんのさ、みんな~!!
 まさに大混戦。
 いったい誰がここから抜け出すのでしょう?
 はたまた、レインメーカーは、2連覇出来るのでしょうか?
 興味が尽きないG1クライマックスなのだ!!!


 ※ 結果は内藤の優勝!!
   ちょっと意外だったけど、おめでとう!!!
 


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 2

タカ

会場に行けずテレビで見ました。
会場は第興奮だったみたいですね。
来年はぜひ行きたいな。
by タカ (2013-08-26 18:00) 

TAO

タカ様

両国国技館は、燃えに燃えていました。
後藤の負傷で不戦勝となった柴田が、タイツ姿でリングに入り、マイクでアピール、燃えました!
あいかわらずの石井と真壁の似た者同士対決、燃えました!
中邑、イヤオ! に、ますます磨きがかかって、燃えました!
燃え燃え両国は、プロレスファンの天国です!!
ニャオ!
by TAO (2013-08-27 21:25) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。