So-net無料ブログ作成

夏は清里2013(3日目) [雑記]

 朝食バイキングを腹120%食べる。
 我が家の旅行はいつもこのパターンなので、お昼にあまりお腹がすかない。
 まことに経済的である。

 しかし、今回の旅行は、食べた後にコテージへ戻るのが一苦労で、我々は帰り道を<地獄のロード>と名付けた。

        174_512.jpg
 こんな急な坂が延々と続くのである。写真は、あまりに坂が長いので、何を血迷ったのか、コテージまで猛ダッシュをするおバカな娘とイケメン君。
 「こんなに長い坂なら、苦しくっても早く終わってくれた方がいい!!」と、娘。

 それを後ろで眺めながら、休み休み、牛歩の如く、歩くワタクシ。途中、セミの抜け殻を見つけて、意味もなく写真に収める。
          ↓
        172_512.jpg 

 さて、食休みをした後、お名残惜しいが、チェックアウト。
 昨年は無料で農業体験が出来たのだが、今年は案内がなかったのが、ちょっと残念。

 そのまままっすぐ帰るのももったいないと、佐久インター手前にある滝沢牧場に寄ってみた。
 観光バスで来ている人がいたりと、まだ午前中なのにもかかわらず、けっこうな人だ。

 185_512.jpg
 180_512.jpg 
 ここでも、乗馬を筆頭に、乳搾り、バター作りなどの体験が出来たのだが、特に行わず。ぶらっと立ち寄りましたって感じ。

 で、これまたついでということで、松原湖へ。
 どこが松原湖だ? とか、ナビを見ながらうろついていると、けっこう上まで登ることに。ただし、山道ではないので、景色は普通の寂れた田舎といった風情。
 その先に広い駐車場があったので、そこに車を止め、歩いてみる。

 199_512.jpg
 こんな看板があり、松原湖って、湖だけじゃなくて、一大リゾート地だったのか? と、ちょっとビックリ。

 196_512.jpg
 しかし、湖畔の貸ボートはそのまま、やって来ているのが、どうやら釣りを楽しむ人ばかり。正直、子ども向けの施設とかなさそう。

 そろそろ帰ろうかとなり、佐久インターに乗り、家路を急ぐ。
 途中、疲れが出たのだろう、運転しながら眠くなる。ガムを噛んだり、休憩したりして、なんとか眠気を追い払おうとするも、、、、厳しい運転だった。事故らなくて本当に良かった。
 それにしても、戻って来て、改めて思う、
 「避暑地はやっぱり涼しい~!!!」
 ということ。本当、実感した。
 この暑さ、何物ですかーっ !?

 これで今年の家族旅行はおしまい。
 早いもので、来年は娘の大学受験!!
 こんなのんびりしてはいられないんだろうな・・・・。

          ★          ★          ★          ★ 

 無事家に帰り、旅行の初日に清泉寮パン工房で購入したカンパーニュを食べる。
 このパンはヨーロッパを代表するパンで、2~3日してから食べて下さいと説明書きがされていたもの。
 とかくパンの良し悪しを "柔らかさ" に置く日本とは違い、噛みごたえたっぷりの、パン本来の粉の味をしっかり味わうべきパンなので、焼いて生地が馴染んでからの方が美味しいからだろうか?

 003_512.jpg
 美味しくいただきました。パンって、いいなあ・・・と思える逸品ですな。


  
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。