So-net無料ブログ作成

『地獄でなぜ悪い』 [映画]

     345853view002.jpg


 まず、タイトルがいい。
 まるでアメリカン・フィルムノワール(ノワールってフランス語だけど)を思わせるような、いかにも悪党が出ています的な感じがよく表現されている。
 
 そして、内容は、60年代の日本映画をもろ意識した作りになっていて、オープニングで映し出されるスタッフの書き文字なんかモロにそれ風。パロディなんてもんじゃなく、まんまやっちゃいました! とでもいうような心意気が嬉しい。

 ストーリーは、
 ①生涯に一本、傑作をとれるなら死んでもいいと豪語する自己チュー丸出しの青年の物語。
 ②子役の娘が親の不祥事でCMを下ろされ、それから10年後、すっかり不良娘に成長した彼女を主演に、映画を撮らなければならなくなったヤクザの組長の物語。
 この二つが交互に描かれ、ある一点で交叉、本物のヤクザの殴り込みを撮影することになったから、さて、どうする? 
 映画の神様は我を見捨てていなかった! と、ばかりに、ついに撮影はスタートするのであった。

 ここでもヤクザは銃じゃなくて、日本刀でしょう! と、まるで大石内蔵助率いる赤穂義士の面々を彷彿させたりもしつつ、いざ、敵陣に殴り込むのであった。
 一方、迎え撃つ堤真一率いるヤクザは、着流しに日本刀という、こちらも輪をかけてジャパニーズ・テイスト満載。
 この対立するヤクザの決闘が、外連味(けれんみ)ありあいで、大いに楽しめる。流れる血の量は日本映画最大か? とにかく大量なのである。ということは、死人の数も半端じゃなく、まさに大量殺人ゲームなのだった。
 ここまでやってくれるとかえって気持ちいい。心スッキリ、カタルシス~!!!

 また、組長の娘を演じる二階堂ふみが、ハスッパなのにどこか憎めない可愛さを持っていて、適役。この人、『脳男』でもサイコな役を演じていて、それに続いてこの役なものだから、若いのにすっかり<怪女優>の貫録を漂わせていて、稀有な存在になっている。無理やり例えるなら、昔の梶芽衣子(『女囚さそりシリーズ!』)かな。ちなみに沢尻えりかがやっても面白かったかも(by ヘルタースケルター)。

 これまでひと癖もふた癖もある、エンターテインメントとは異なった作品を撮ってきた園子温監督が放つ、超娯楽大作。
 お前ら、くだらない映画ばっかり撮ってんじゃねえよ! と、あまたいる商業監督に文句言い言い、自分が一番くだらない作品を撮ってしまう男気に、男に興味のないワタクシも、惚れ込んでしまいました!!!

 
 
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。