So-net無料ブログ作成
検索選択

『劇場版 空の境界』 [映画]

       Kara_039_1024-768_400.jpg


 ここ最近のアニメではかなりの異色作になるのではないか。
 そもそも設定がわかりずらい。
 もとは時間軸をバラバラにした短編を、劇場版と称して連続で劇場公開していたものらしい。それがTVで再放送されていて、たまたま観たら面白かった。
 でも、だからといって作品の背景を探ったり、気になることを調べたりとかはしていない。だから、正直、設定がよく理解出来ていない。

 「未来福音」と名づけられた今作は、未来が見えてしまう爆弾魔の少年の話。
 何をやっても見えてしまう未来。それは100%、間違いのない事実だった。やるより先に結末を知りえる少年は、生きる張りをなくし、職業としての爆弾魔として、虚無的な日々を送る。
 ある日、爆弾魔の少年が依頼を実行しようとしてホテルの庭にいるところを式が目撃。自分が犯人だと知られたら困ると思い、式をつけ狙う少年。罠を張り、式を爆弾の餌食にしようと試みるが・・・。

 まあ、ざっと、こんな話。
 そこに、裏ストーリーとして、やはり未来が見えてしまう女子高生と幹也とのエピソードが挿入されることで、同じ能力を持ちながら、異なった考え方をする二人を対比させ、本来なら殺伐とした物語である本編の風通しをよくしている。
 爆弾魔の少年の事件後の物語も同時に描かれ、それはそれで微笑ましいエピソードとなっている。

 ライトノベル全盛の昨今、アニメの原作の多くがそれなのはしょうがないとして(本当はしょうがなくない!)、元ネタが同人誌ということもあり、かなりダークなテイストだ。
 それでも、アニメはしょせんオタクのエロネタなのか !? と、思わざるを得ない、巨乳、パンチラの波状攻撃に辟易(へきえき)してしまうワタクシとしては、貴重な作品であると言える。

 
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。