So-net無料ブログ作成
検索選択

じゃがいもと甘ゆず味噌 [男の手料理シリーズ]

 年寄は若い者と味覚が異なっているので、美味しそうだなと思って買ってきても、けっきょく家族では誰も食べずという現象が多々発生する。

 我が家もご多聞に漏れず、同じようなことがしばしば。
 冷蔵庫の中には、ブルーベリーの入った大きなビン(ジャムではなさそう)、
 マーマレード子どもたちは食べない)、
 半分残ったしらす(乾燥し始めている)、
 梅干し
 小魚の甘露煮、
 乾燥わかめ、
 等々、
 食べようと思ったらなくなっていたと言われるのも嫌なので、結局手つかずのまま。
 それでも本人がちゃんと食べてくれるならまだしも、半分の量になった状態で残っているものがほとんど。

 今回作った料理もまさにそれの活用で、ゆず風味のかなり甘い味噌(いったい何につけたらいいの?)。
 味噌田楽にはそれようの味噌が冷蔵庫にはすでにあるし・・・。
 なので、再利用? 再活用?


 【じゃがいもと甘ゆず味噌】


 ①ネギを適当な大きさに切り、炒める
 ②皮をむいたじゃがいもを1/2に切り、皿に置いた時に安定するように、もう片側も少々切って茹でる
 ③茹でたじゃがいもをざるに上げ、水分を飛ばした後、フライパンで炒める
 ④皿にじゃがいもとネギを並べ、じゃがいもの表面に味噌を塗る(ネギは塩でもOKなので、そのまま)
 これだけ。


 001_512.jpg


 しいて例えるなら、縁日の屋台でよく見かける<じゃがバタ>の味噌バージョンか。
 まあ、そんな感じの食べ物です。
 子どもたちは、もともと大のじゃがいも好きなので、じゃがいもはもちろんですが、ネギも美味しそうに食べてました。ちゃんと火を通せば、ネギは甘くなるからね。

 
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。