So-net無料ブログ作成

大学いも [男の手料理シリーズ]

 埼玉の親戚に出かけた帰り、お米とさつまいもをいただいた。
 お米は20キロはありそうな大きな袋に精米前の状態で入っていたので、近所の精米所で、初めて精米して食べた。
 一方、さつまいもはというと、蒸かすのもありなんだけれど、久々に大学いもが食べたくなり、さっそく作ってみた。
 大学いもは簡単といえば簡単だし、ちょっと面倒といえばそうでもある食べ物なので、そうそう作らないのだが、子どもが好きなこともあって、たまに作ったりする。

 念のためネットでレシピを検索してみた。
 すると、餡に、水あめ(もしくは砂糖)、塩、なのはわかるが、そこに醤油と書かれたレシピがかなりあり、大学いもって、醤油が入ったんだっけ? あれ、そうだっけ? でも、醤油が入るとみたらし団子の餡になっちゃわないの? とか、考え出すと、なかなか悩ましいのだった。


 【大学いも】

 今回作るのは醤油なしの(ボクの中では)定番の作り方。

 ①さつまいもの皮をむいたら適当な大きさに切り、しばらく水にさらす。
 ②水気をよく拭き取ったら、低温の油でゆっくり揚げる。中がホクホクになって、外側が多少茶色い揚げ色になったらOK。
 ③水あめがなかったので、砂糖を火にかけ、そこに水適量と塩少々を加える。
 ④さつまいもに③の餡をからめつつ、軽くあぶっておいた黒ゴマを加えたら完成!

 001_512.jpg

 基本に忠実過ぎて怖いです。
 出来るなら熱いうちに食べましょう。
 ホクホク感がたまらなく美味しいので。

 
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。