So-net無料ブログ作成

なんこつ豚煮 [男の手料理シリーズ]

 卸売市場にある肉屋さんは、味付け肉や肉団子を試食させてくれる。なのでいつも人だかりが絶えない。
 そんな店で特売品として出ていたのが、なんこつ付きの豚肉で、700gもあるのに700円しない安値。上手く料理すればいいんじゃないの? と、購入。

 最初はスペアリブのようにして食べようと考えていたところ、娘が肉のかたまりを見て、
 「角煮!」
 と、騒ぎ出したので、急遽、角煮に変更。
 ただし、角煮用の肉ではないので、厳密には角煮ではなく、豚煮になる。まあ、細かいことはどうでもいいや。


 【なんこつ豚煮】

 作り方は角煮と一緒
 ①まずは肉に塩を擦り込んで、しばらく置く
 ②フライパンで焼き色をつけて香ばしくする(しなくても大丈夫)
 ③大きな鍋に入れ、水、生姜、ネギの青い部分を入れて、圧力鍋(名前=ハインリッヒ三世)で30分ほど煮る。
 ④フタを開けたまま放置。いったん冷ます
 ⑤冷めたら適当な大きさに切る
 ⑥別の鍋に、水、醤油、酒、砂糖、塩、と一緒にいい感じに色が付くまで煮る。たぶん、10~15分くらい。
 これで完成!


 001_512.jpg
 こんな形の肉でした。確かに角煮にするには厚みが足りない。でも、いいんじゃね?

 002_512.jpg
 出来たー!!! 白い塊のような部分がなんこつ。


 上の写真は5等分してしまったので、一人としてはこれくらいの量になる。角煮は縮むので、完成した時のイメージトレーニングに励んで下さい。
 肝心のなんこつ部分は、おもちを食べたような食感になっていて、美味しかった。
 スペアリブじゃなく煮たのが正解だったかも。
 
 娘は角煮ーっ!!! と言って、喜んで食べている。
 弟のイケメン君ともども、ごはんに煮汁をかけて、丼物で食べて、おかわり~。
 
 
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。