So-net無料ブログ作成
検索選択

いざ、金沢へ(2日目) [雑記]

 朝は早起き。
 早起き過ぎて時間がもたん!
 窓から中庭を眺めると、屋根にいくらかの雪が積もっている。どうやら夜中に降ったようだ。
 身支度を整え、朝食をいただく。

 187_512.jpg
 これぞまさに日本の朝食! お盆に乗りきれなくて、別にいる鮭。ごはんのお代わり自由も嬉しい。

 こざっぱりとした食堂には、外国人の家族連れの姿が。その後に入ってきたのも外国人のカップルだった。
 食事の後、おかみさんに聞くと、3年くらい前から急に外国の方が多くなったそうだ。ちなみに家族連れがロシア、カップルがオーストラリアの方とか。まさにインターナショナルな日本宿。

          189_512.jpg
 ははーっ! と、ただ感服するのみ。ちょっと恐れ多いぞ。

 195_512.jpg
 朝食を食べた後、忍者屋敷まで歩く。巡回バスもあるけど、知らない土地に行ったら、まずは歩く。そしたらこんな変わった建物に出くわした。尾山神社とあるが、いったい何建築???

 197_512.jpg
 好奇心に駆られて先に進むと、、、。

 203_512.jpg
 206_512.jpg
 利家の像と、ずらーっと並んだ前田家の方々。まさに歴史だぜ。

 211_512.jpg
 奥さんの松もいるよ~。

 金沢のメインストリートの百万石通りを歩いていると、

 217_512.jpg
 本格的に雪が・・・・・。けっこう舞っていて、さて、どうしよう?

 219_512.jpg
 百万石通りのお洒落じゃない方は、スナック、小料理屋が立ち並ぶ、新宿ならゴールデン街みたいな一角。朝なので人の姿はない。

 222_512.jpg
 223_512.jpg
 10時に予約しておいた妙立寺、通称忍者寺。中は撮影禁止なので、入口のみ撮る。それでもすでに尋常ではない雰囲気が漂う。時折屋根の雪が滑り落ちてきて、ドサッ! っと、大きな音を立てる。

 中に入ると、まず寺の説明を聞く。俗称忍者寺と呼ばれているが、忍者とは何の関係もありませんと、強調していた。
 隠し扉、隠し階段、隠し部屋多し。井戸を囲むように建物が作られている。ひとグループ10人程度の塊となって、ガイドをしてくれる方に引率されて回る。床に開いた落とし穴、中二階の隠し部屋、入口を隠す二枚戸、あちこちに作られた隠し階段、等、建物は井戸を中心に、そこを取り巻くような作りになっていて、方向感覚が掴みづらい。よくもまあ、こんなものを作ったなと、感心することしきり。

224_512.jpg
 こちらはにし茶屋街。ひがしの比べるとこじんまりとしている。

          226_512.jpg
 気になったのが、入口に吊るされているこちら。とうもろこしだと思うのだけれど、けっこう多くの店にあった。

 233_512.jpg
          234_512.jpg
 今ではなかなか見れない昔ながらの写真館。七五三の時とか、賑わうんだろうな。

 235_512.jpg
 239_512.jpg
 小さいながら、なにやら凄そうな雨宝院。 

 さらに歩きます!

 長町武家屋敷跡周辺では、、、

 243_512.jpg
 前田土佐守家資料館で、真っ黒な甲冑に遭遇!大将の甲冑というと割と派手なイメージだったのに、これは黒一色。ちょっと異様な感じだが、思わず魅了されてしまう。

 269_512.jpg
 こちらは金沢市老舗資料館。

 247_512.jpg
 252_512.jpg
 実は昔の薬屋なのだ。大商人のお店と暮らしが分かる。

          245_512.jpg
 店の正面は通りに面して大きく開かれており、そこで商いを行う。時代劇でおなじみ。

 248_512.jpg
          249_512.jpg
 奥に回り込めば、この通り。やっぱり品がある。求められるのはやっぱり品格ですかな。

 254_512.jpg
 茶室。茶をたしなむのは、今で言うところのステータスかな。

 259_512.jpg
 艶やかな着物。部屋はいたってシンプル。

 262_512.jpg
 2階は地元金沢のあれこれが展示してあり、これは嫁入りの時に持たせるもの。その豪華さは名古屋が有名だが、金沢も同じなんだなあ。大変だなあ。実家が埼玉で良かった・・・・・。

          265_512.jpg
 お祝いの時のらくがんの型。言わすと知れた鯛。

 267_512.jpg
 花らくがん。こうなると芸術品レベルです。

271_512.jpg
 272_512.jpg
 薦(こも)掛け。12月~3月の間に、土堀を保護する目的で掛けられる。

          273_512.jpg
 274_512.jpg
 梅の花。

 277_512.jpg
 途中、いっぷく。

 281_512.jpg
 足軽資料館で当時の生活を知る。思っていたほど狭くはなく、けっこう暮らしやすいかも。入口に、「べんとう忘れても傘わすれるな」の文字に笑う。確かに金沢の天気は変わりやすい。この日も、雪⇒曇り⇒晴れ⇒曇り⇒晴れ、みたいな。

          306_512.jpg
 307_512.jpg
 金澤神社。菅原道真公を祭っているので、今年受験を控える娘の為、お祈りした。よろしくお願いします!

 309_512.jpg
 近江町市場に戻り、遅い昼食。これで¥700だったっけな。入口が狭く、なおかつ地下なので入りずらいが、安くて美味しい。店主がいかにも無骨なれど、奥さん(?)が、ちゃんとフォローしてくれます。もちろん、ここでも日本酒を飲む。

 311_512.jpg
 金澤駅。帰ってきたなあ~。

 312_512.jpg
 飛行機の時間まで余裕があるので、行に使ったバスではなくて、電車で向かったら、、、料金は多少安いものの、時間がほぼ倍かかり、失敗! まあ、いいけど。


 1泊2日の金沢の旅、男一人編はこれにて終了。気楽にと言うほどのんびりもせず、ひたすら歩き回ったせわしない旅だったが、知らない土地ってのはやっぱり面白く、あれなに? これなに? の連続。
 金沢駅の手前で足裏マッサージなんてのもしたりして(それくらい疲れた)、ああ、痛かった! でも、気持ち良かった!
 ぜひ、またぶらりと、男の一人旅をしたいものですな。
 (嫁さん&子どもたち、ごめんね!)



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。