So-net無料ブログ作成

かえりの合図、まってた食卓、そこ、きっと━(マームとジプシー) [演劇]

 第56回岸田國士賞を受賞。一躍マームとジプシーの名を世間に轟かせた作品。
 今回はリニューアルしての再演。見逃していた者にとってはありがたい再演だ。

 内容は、<家>にまつわるあれこれ・・・・。

 思い返せば、マームとジプシーは、<家族>、家族が集まる<家>、<地方都市>に、ずっとこだわっているように思える。それは喪失感と言い換えてもよい。
 「ワタシんち、通過。のち、ダイジェスト。」などは、おばあちゃんが住んでいる古い実家が取り壊される話だった。この「かえりの合図~」でも、長男が一人で住んでいる実家が取り壊される話で、引き続き物語の重要なベースになっているのがわかる。

 時間もそれと同様に重要なポイントで、20年の歳月が流れているのだが、それも時間の流れた通りではなくて、一度解体され、また、別の順番で組み立てられている。その時間の集積があればこそ、<家>の持つ意味合いというか濃度の濃さが際立つ。執着するには時間が必要なのだ。
 家にとどまる者、去って行った者、お互いに等しく時間は流れる。たとえ離れ離れになったとしても、<家>という核が消えない限り、そこを起点として、思いはつながる。
 だが、仮に<家>がなくなったとしても、新たな起点を作りだし、関係は続くのだろう。

 再演の前を観ていないので、今回の上演が先とどう変わっているのかはわからない。それでも舞台に登場する<木の枠>は、最近登場し出したものなので、きっとこれはなかったに違いない。ある特定された場所を表現するにはなかなか便利な装置で、組み合わせ自由なところがアイデア。

 ここ数作を観て、表現方法としてはほぼ固まってきたようにも思えるが、さて、マームとジオプシーはこれからどんな風景を観客に見せてくれるのだろう?
 
 
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。