So-net無料ブログ作成

GODZILLA [映画]

                  81fHy6PCNxL._SL1500__256.jpg


 ゴジラ、待望の復活!!!
 複数の特集番組が組まれ、主演の渡辺謙があちこちの番組で宣伝活動に励んでおります。
 確かにワタクシも、子どもの頃からの怪獣映画ファンなので、他人事ではありまあせん。
 願わくばここ日本で復活して欲しかったのですが、「トランスフォーマー」を例に取るまでもなく、CGの技術はやはりアメリカ。迫力ある映像に期待も高まるというもの。 それに今回のゴジラはイグアナじゃないし。

 さて、まず最初に白状しておかなければいけないのが、睡眠不足で途中までうとうとしてしまったということ。なので寝ている間に何か重要なことを見逃している可能性あり。 それでもなんか解せない映画の作り方と言わざるを得ません。

 ◆ゴジラが出てくるまでもったいぶりすぎ
 ◆せっかくのゴジラと敵の戦いのシーンが暗すぎて見えない
 ◆原発批判は最初にあったけれど、物語全体を通しては、そんなことあったっけ? と、気にならなくなる
 ◆敵も特に悪いことをしていないような・・・
 ◆そもそも何でゴジラが現れるのかのリアリティがない
 ◆人間ドラマ(らしきもの)7:ゴジラ3の比率に不満
 ◆渡辺謙は何してたんだ?

 と、まあ、眠気が取れないぽよ~んとした頭で観た率直な感想です。
 期待値が高かった分、肩透かしっぽく感じてしまいました。

 ※後日、テレビで放送された同監督の「モンスターズ 地球外生命体」を観てなっとく。
 異星人が地球にやってきて・・・という内容で、ここでも異星人(タコだな)が姿を現すのが暗闇だったり、身体の一部だけをを映したりと、今回の「GODZILLA」と演出の仕方が似ていた。でもこれって低予算映画の手法だと思うんだけど、、、。

 公開すぐなので、ネタバレにならない程度に書きました。
 ぜひご自分の目でご確認を。



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。