So-net無料ブログ作成
検索選択

その女アレックス [書評]

                    51E7A9GYdeL._AA278_PIkin4,BottomRight,-41,22_AA300_SH20_OU09__256.jpg 


 文春がいつになく力を入れている翻訳ミステリーが「その女アレックス」。
 ”その”とあるように、ある一人の女性が主人公なのだが、注目すべきは、物語の展開の意外性。音楽に例えるなら、懐かしの70代プログレのように<転調>が激しいのだ。

 全体は3部に分かれた構成となっており、
 第一部は、ある男に監禁され、拷問のような状態で、殺されようとしているアレックスを描く。
 捕えた男の正体は? アレックスは無事逃げ出されるのか?
 糞便垂れ流しの描写があったりして、これまでのミステリーならそんな描写は描かないのだが、女性が主人公であれ、描いてしまう、ちょっと変わった作者の感覚が面白い。
 第二部は死の間際で逃げ出したアレックスの意外な行動になる。アレックスってそういう女なの? と、意外性に違和感を覚えつつ、引き込まれて読み進めてしまう。
 そして第三部は・・・・・

 ネタバレになってしまうので、これ以上は書けないのだが、第三部になって物語の全貌が明らかになる。
 三部はこれまでとも大きく異なった展開となり、読み進めてゆくうちに、グロテスクな(残酷描写ではなく精神的に)、おぞましさがじんわりと浮かび上がってきて、ここでも意表を突かれる。リアリティという部分ではどうかとも思いつつ、、、、。

 もろ手を挙げての大絶賛とはいささかおおげさな気もするが、物語の意外性に引き込まれ、最後まで一気に読んでしまう作品であるのは間違いない。グロいが。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。