So-net無料ブログ作成

ネコ、ネコ、ネコ [出張]

 今回の出張、宿泊先は九州は久留米。
 博多から西鉄特急で約30分。特急じゃないと、、、どれくらいかかるのか判定不能。恐ろしくてチャレンジできません。

 久留米のちょっと古めのビジネス・ホテルに泊まり、どうせ早起きしちゃうんだからと、最近始めた早朝散歩。
 散歩だから目的地はありません。ただ、ダラダラと歩き回り、目についたものを、パシャッ! と、撮るだけ。
 しょせんスナップなので、いちいち構図がとか、考えてません。だから早いです。

 そんな感じで撮影した、久留米の街。
 で、その中でもちょっと趣向を変えようかと思い、ピックアップしたのが、、、
 街ネコ写真!!
 早朝は、いるんですね。人がまだ寝静まっている時刻は、もしかしたらネコの天国かも。


 090_512.jpg
 こちらの姿を見つけると、サッと車の陰に隠れてしまいました。そこをぐるりと回り込んで1枚!

 101_512.jpg
 ルパン三世と次元大介のような、ハードボイルドな雰囲気を漂わせた2匹。

 126_512.jpg
 大阪の味を売りものにするお店の前で。ビリケンさんと一体化してますな。

 152_512.jpg
 3匹揃いぶみ。しかし、こちらと目が合うと、超高速で物陰に逃げ込んでしまいました。

 153_512.jpg
 しかし、まだ幼い子ネコだけは、違う方を見ていたのか、取り残されて・・・

 156_512.jpg
 再開発もままならない雑多な建物がひしめく一角で。目が合っても、余裕しゃくしゃく。

 159_512.jpg
 ついに座り(?)込んでしまいました。どく気など、さらさらありませんて。

 160_512.jpg
 同じ模様のもう1匹もやっぱりこの通りで。

 169_512.jpg
 商店街をわがもの顔で闊歩するところを撮影するも、ピンボケてしまう。

 170_512.jpg
 2枚目もやっぱりピンボケ。これはテクニックの問題なんでしょうか? それともあまりの堂々とした態度に、こちらがビビッてしまったからなのでしょうか? 

 178_512.jpg
 路地裏で。先ほどのネコと同一人物、いや、同一ネコなのか?

 180_512.jpg
 やっぱりふてぶてしい態度は健在なり!


 と、まあ、人間様が翻弄されつつ、じゃまにならないように気を使っているのが、おわかりいただけたでしょうか?
 みんなノラネコなんでしょうが、毛の艶よし、肉付きよしの、凛々しくも可愛いネコなのでした。
 

 
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

京都の朝の散歩 [出張]

 寒いです。
 ボクの住んでいる埼玉県は23日(月)夜に降り始めた雪で、翌日は路面が凍結。
 めぐり合わせとは妙なもので、その日は出張のため、朝6時過ぎには家を出なければならず、防寒対策をしっかりして、いざ広島へ。
 24日(火)の広島市内は、15:30頃から粉雪が舞ったものの、それ以上にはならなかった。
 同日の夜、福岡入り。ここでも一時的な粉雪のみ。
 翌25日(水)も似たようなもので、降るには降るのだが、積もるまでには至らず。でも、かなり寒い!!

 夜は京都に移動し、京都タワーの近くで一泊。
 翌日、10:30分に京都駅で会社の上司と待ち合わせ。
 なので、いつも通り、早起きだけは得意なワタクシ、7時半には散歩と称して出かける。
 この時も粉雪が舞っていた。でも、だからって、散歩は中止になんかならない。
 "時間は有効に、、、" はいつも掲げているモットーだから。

 京都駅から徒歩で10~15分も歩けば、そこは本願寺。東と西と、離れてはいるけれど、けっこう近いのが嬉しい。

 以下、「散歩の時間」(7:30~9:30)を利用して、両本願寺の姿を紹介。


 【東本願寺】

   162_512.jpg
 粉雪が舞っているのは写真では確認出来ないと思う。オリジナルの写真には写っているのだけれど。
 埼玉も寒いが、京都も寒い!!!

        164_512.jpg
 朝早いので、空気がピンと張りつめている。ほとんど人もいないので、余計に自分と歴史のある建物とが対峙させられているような錯覚に陥るのだ。

   168_512.jpg
 早朝から説法(?)が行われていた。さすがに中には入れないので、失礼とは思ったのだが、こんなところから一枚。
 フラッシュを焚くわけにもいかないから、光量不足でピンボケになってしまった。

   169_512.jpg
 空の色もこの通り、どんより。しかし、暗いというほどでもなく、雲の切れ目もところどころ見受けられる。晴れ間の予感が・・・。

   176_512.jpg
 境内に入る門はいくつかあり、塞がれているが、これもその一つ。

   174_512.jpg   
 通りの歩道からの眺め。街の中心地に広がる古の空間はやっぱり驚きに満ちている。


 【西本願寺】

   186_512.jpg
 東に比べてこちらの方がやや古めかしい(質素?)な感じを抱く。それでも堂々とした佇まいには感動。

   194_512.jpg
 年季が入っている。いや、風格と言うべきか? ちょうど床を拭いている最中だったので、恐る恐るその横を歩く。

   189_512.jpg
 「中に入ってもいいよ~」とか言っていただいたので、お言葉に甘えて・・・。
 東本願寺では説法の最中だったが、ここではたった一人。これってある意味とっても贅沢なこと。本当、いいのかしら???

   190_512.jpg
 真正面に正座。大きく深呼吸して、しばし向き合う。

   193_512.jpg
 建物から外の眺め。

        197_512.jpg
   198_512.jpg
 どこを切っても歴史の重みに溢れている。改めて、DISCOVERY JAPAN ! なのだ。

   200_512.jpg
 水を飲もうとするも、凍ってて飲めず。くちばしで氷を割ろうとしているようだが・・・。

   205_512.jpg

 ついでにお隣の興正寺も、、、

        212_512.jpg
   214_512.jpg
 いつのまにか、青空!!!


 わずか2時間ほどの朝の散歩も、気合を入れて歩けば、ほら、充実した時間が持てる。
 寒いけれど、それを補って余りある2時間だった。

 ホテルに戻り、身支度を整えたら、さあ、仕事、仕事!!!
 
   
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

広島~福岡へ旅(出張)は続く [出張]

 最近、何かと忙しく、めっきりブログの更新も減っております。
 これ、かわいかったよ~とか、テレビが面白かったよ~とか、一行書いたらスペース3行、単なる落書きにしか見えないブログならいくらでも書けるのですが、いちおう、腐っても "日記" ですから、自分の記憶に留めようとすると、やはりある程度はちゃんと書かざるを得ず、、、で、このていたらく。

 出張に出かけたり、娘が受験する高校の進路説明会に参加したり、ポリープの問題はまだまだ継続中だったりして、これまでとちょっと違う生活を送っている自分がいたりします。

 さて、今度は広島です。
 正直、やっていることはたいしたことないのですが、2時アポ、"ランチは現地で" をモットーとするワタクシゆえ、広島入りは12時半に設定。

   009_512.jpg
 777 !? 思わず手が震えるラッキーナンバー!!!

   010_512.jpg
 新幹線の流線型のボディもすでに見慣れた光景となりました。でも、いつみても、おおっ・・・となってしまう。

   011_512.jpg
 いちおう軽い朝食ということで、おにぎり弁当を購入。駅弁道の規約通り、都会を離れてから(新横浜を出てから)食べました。
 まれに出発もしないうちから駅弁をパクついている人を見かけますが、言語道断! 正しいお駅弁の食べ方をぜひ学んでいただきたいものです。ただ食べれば良いというものではありませんぞ!

 12時38分に広島駅に到着。東京駅からほぼ4時間の長旅。すでにこの段階で、お疲れ様でした!!
 当初は羽田から飛行機をと考えていたのですが、広島空港⇒リムジンバス⇒広島駅に至る経路の時間が合わないことが判明。なので仕方がなく新幹線に変更したのでした。

 到着するやいなや、事前に調べておいた牡蠣料理の店へ。
 駅ビルのなかにある「かなわ」にて、牡蠣フライ定食をいただく。

   014_512.jpg
 これで1500円なら納得でしょう。以外だったのが、牡蠣フライをケチャップベースのソースで食べること。確かにこれはこれで美味でした。
 広島県では生食用と加熱用の牡蠣の採取用海域が違っているのを初めて知りました。内陸に近いところが加熱用、それ以外が生食用だそうです。

 ついでに駅前の再開発前って雰囲気の昔の風情を色濃く残した商店街を歩いてみます。

   028_512.jpg
   027_512.jpg
   021_512.jpg
   023_512.jpg

 腹ごしらえ&食後の散歩(?)も済み、取引先へはタクシーで向かいます。途中、広島平和記念資料館の横を通ったので、改めて広島に来たんだなあ・・・と、感慨深いものがあります。

 無事、仕事を終え、大きな通りでタクシーを捕まえ、空いた時間を利用して、原爆ドームに足を運んでみることにしました。やはりこの地に足を運んだからには、一度は訪れなければならない場所でしょう。

   029_512.jpg
   039_512.jpg
   054_512.jpg
 原爆ドームはちょうど健全度調査中でした。これはかなりもろくなっている建物の強度を調査し、必要に応じて補強するためのものです。原爆ドームは日本が世界に誇る平和のシンボルであり、これを未来に渡って残すことこそ広島の使命であるからです。
 それにしても毎年8月になるとニュースで原爆ドームを目にしてきましたが、こうして実物と対峙すると、やはりその出で立ちは異様と呼ぶしかないほどの迫力に満ちていました。改めて原爆の恐ろしさに想いを馳せるとともに、今もまた世界各地で起きている戦争という名の不幸の存在に心を痛めずにはおれません。

   064_512.jpg
 慰霊塔からの眺め。原爆ドーム、かがり火(と呼ぶのでしょうか?)、原爆死没者慰霊碑が一直線上に並びます。

 また、平和記念資料館の通りを隔てたところには、

          071_512.jpg
   072_512.jpg
 こんなオブジェも。よく見ると、柱には<平和>の文字が刻みこまれています。日本語以外にもあらゆる言語で刻まれた<平和>の文字に、人種、国籍は違えども、<平和>な世の中を望む人々の熱き想いが宿っているのでしょう。 

 駅へ向かうタクシーの運転手さんも、色々なことを教えてくださって、とてもためになりました。

 まだ夕食にははやいにもかかわらず、「一期一会」ではないけれど、牡蠣を食べたら次は当然お好み焼きだろう! となり、これまた駅ビル内にあるお好み焼き屋ばかりが集まるお好みストリート(?)に向かう。

   108_512.jpg
 店の名前はみんな「××ちゃん」となっていて、中でもここ「麗ちゃん」は、半端な時間にもかかわらず、とても込み合っています。

   106_512.jpg
 カウンターの良いところは、作り手の様子が目の前で眺められることです。単純にお好み焼きと言っても、実に多くの工程を経て、お客の前に出されるのがよーく分かります。

   107_512.jpg
 オーダーしたのはスペシャル。1000円以上とちょっと値は張りますが、エビ、イカ等、盛りだくさんで美味しそうなことったら!!!

 本当だったらビールとか飲みたいところなのですが、一週間前に再度ポリープの摘出手術をしたおかげで、2週間は酒を控えることと、強く念を押されてしまったため、大事を取ってビールはなし。
 それを言うならそもそもこの日の夜は取引先の忘年会が久留米であったのですが、そんな事情のため、あえなくキャンセル。その結果、こうしていられるのであった。災い転じて福となす、、、なのだ。

 広島駅から「瑞穂」という新幹線で博多へ向かう。

   109_512.jpg   
 この「瑞穂」、車内全体ががイギリスのパブじゃないけれど、ウッディなイメージがなかなかの優れもので、なんか書斎にでもいる感じ。

 天神のホテルで先に送っておいたカレンダーを受け取り、チェックイン。
 
 朝は5時半に目覚ましのアラームで起きる。
6時過ぎには早くもマックにて、恒例の朝マック。

   110_512.jpg

 この時間だとまだ夜で、、、

   111_512.jpg
 こんな感じです。光量不足のため、案の定、ボケる(笑)

   113_512.jpg
 駅もこんな感じで、まだ売店も開いてません。でも、朝の通勤する人たちの姿って、どことな~く好きなんだよなあ・・・。

   115_512.jpg
 電車からは朝日が!! 本当はもっと真っ赤な太陽なのでした。ちょっと感動!

 この日は4箇所を目まぐるしく廻るため、ちょっぴりハード。事前に作成したスケジュール表通りに動くのでした。それでもスケジュールが詰まっている分、終わるのも比較的早いので、そこが救い。

 お昼は「天神ホルモン」で丸腸定食。

   117_512.jpg
 最近、何かと話題の丸腸ですが、脂肪のじんわりした甘みが美味であります。九州って魚も美味いけど、鶏、豚等の肉類もいける万能な地域なのだ。ひと口食べて、ああ、しあわせ~と思えてしまう。

 それから数か所で仕事をこなし、福岡空港へ到着すると、クリスマス直前ということもあり、入場口ではハンドベルによるクリスマスコンサートが開催されておりました。

   119_512.jpg
 定番の「ジングルベル」他、「マル・マル・モリ・モリ!」なんてのもあったりして、それがいまいち上手じゃないのがかえって微笑ましい感じの演奏でした。和ませてもらいましたよ~。ありがとうね!

 飛行機は日暮れ前の空を東京に向かいます。いつもなら暗くなっているところ、この日は早めに岐路につくことが出来たので、久々に素晴らしい光景を目にし、ここでも感動してしまいました。

   120_512.jpg
 でも、さすがに疲れが出て、この写真を撮った後、爆睡・・・。

 明日一日休んで、24日はクリスマスイブ。なんやかやとやることが多いので、やっぱり休んでなんていられないんでしょうね。
 まあ、しょうがないか・・・。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

こんどは名古屋だぎゃ !? [出張]

 いつのまにか、『ご当地食べたものシリーズ』の様相を呈してきた、出張先でこんなもの食べました~は、しかし、ダイエットの重要性を裏付ける意味合いも含んで、、、はいません!
 個人的にもうちょっと痩せた方がとは言われておりますが、けっしてデブではないので、くれぐれもお間違えのないように(当然メタボではありますが)。

 さて、12月2日(金)、名古屋に出張に行ってきました。東京から約2時間。イメージ的には静岡のすぐ近くって感じだったのですが、案外離れているのを実感。
 それにしても最近出張が多く(というほどでは全然ないが)、気分は旅から旅へ、ギター片手に全米大陸を廻る売れないミュージシャンか、はたまたサーカスの空中ブランコ乗りか。ちょっと心寂しく、でも自由・・・。

 とか、感傷に浸っている場合でも立場でもございません。サラリーマンですので、行けと言われれば行くだけ。なんですけどね。

   007_512.jpg
 最近はみんなこれ、700系なんですね。先がヌウッとしていて最初は違和感ありありだったのに、今ではかっこう良いと思えてしまう不思議なスタイル。
 でも、座席の窓側にはパソコン用の電源があっったりして、けっこう便利。

   006_512.jpg
 朝早いので、東京駅でカツサンドを買う。これが一番安いみたい。カツが厚く、食べであり。

   009_512.jpg
 外は雨。車内ではipod classic で音楽を聴いたり、新聞、文庫を読んだりしてリラックス。

   017_512.jpg
 名古屋駅はやっぱり大きかった! 高島屋と一緒になっているので、駅の構内も華やか。

        015_512.jpg
 外に出て駅を振り返れば、まるで都庁のようなツインタワー。

   020_512.jpg
   021_512.jpg
   023_512.jpg
 駅前の大通りには、一流ブランド店がズラリと並んでいる。でも平日のお昼だから客は見当たらない。正直、ブランドものはもういいよ~と思う。見栄張ったってしょうがないじゃん!

 駅前の地下街で昼食をいただく。元上司からは、せっかく名古屋に行くんだったらひつまぶしを食べてこい! と言われたので、探すと、2800円とな! 
 さすがにランチでその金額は出せないので、もう少し安い店を探すと、手羽先で有名な風来坊で「うなぎひつまぶし定食」が1300円とあるのでここに決める。

   011_512.jpg
 まずはうなぎだけをつまみのようにして食べ、その後、ごはんと混ぜて食べ、最後に茶づけとして食べの、3通りの食べ方が出来るのがひつまぶしの魅力。
 余談ではありますが、名古屋コーチンひつまぶしなんてのもあったので、お店の人に、
 「うなぎ以外でもひつまぶしって呼ぶんですか?」
 なんて恥ずかしいことを尋ねてみた。そしたら、
 「おひつに入っているからひつまぶしなんですよ~(笑)」と、丁寧に教えてくれた。
 言われてみれば確かに!! ちょっぴり恥ずかしかったものの、旅の恥はなんとやら・・・で、聞かぬは一生の恥でしょ?

 せっかく風来坊で食べたんだったら手羽先も食べなきゃ! と、絶対言われるので、追加で手羽先5羽もオーダー。

016_512.jpg
 けっきょく1850円だっけな、それくらいかかってしまったのだった。でも、美味しかったから問題なし!!!

 一仕事終え、気も緩み、ホッとしたところで、ちょっぴり早い夕食を。
 昼間と同じ地下街の飲食店「若鯱屋(わかしゃちや)」で、カレーうどん&みそカツ定食を食す。
 本来は名古屋と言えばきしめんでしょう、、、ということで、それを食べさせる店を探していたら、カレーうどんがあり、うどんをきしめんに変更も可。なおかつみそカツまで食べられるので一石二鳥とばかりに、店の暖簾をくぐる。

   074_512.jpg
 誰でも知っているみそカツ丼にカレーうどんならぬカレーきしめん。2種類の名古屋名物が食べられるお徳用定食だ。もちろん仕事終わりにはビールで乾杯!

 名古屋のカレーうどんは、東京のそれとは違い、ちゃんと出汁とカレーが一体になっている。うどんの上にカレーが乗っているのとは別物。
 きしめんも、平べったい形がうどんとは似て非なる食感を味あわせてくれるので楽しい。

 次回名古屋再訪時にはぜひ、繁華街なるものに足を運んでみたいものだ。噂によると商店街と風俗街が隣同士にあったりするらしいではないか!
 いかがわしい場所って、好きなんだよねえ~(笑)


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

またまた福岡でこんなものを食べた [出張]

 福岡出張もけっこう馴れてきて、今ではそれほどビビらないで移動出来るようになりました。
 とは言いながら、あいかわらずお店のオバちゃんやコンビニの店員さん、駅員さんの助けを借りているのはこれまで通り。ということは単に聞き(尋ね)上手になっただけなのかも、、、。

 ここでは先月と今回の福岡出張時に食べたものをまた紹介します。
 お店の名前とか、最近なまけてチェックしていないのはご愛嬌・・・ということで。

 だいたい福岡出張の時は朝5時起きで、昼前くらいに福岡に入るようなスケジュールです。仕事は午後からなので、必然的に到着早々のお昼となります。

 まずは天神駅水鏡天満宮の横にうまかもん通りという路地があります。
 ここの鯖専門店「真」のランチは焼鯖定食のみ! なのでわざわざオーダーする必要がありません。まさに男気という他ありません。

   006_512.jpg

 これが東京では食べられないほど脂がノリノリ。こんな鯖、初めて食べました。ただ、後半はけっこう脂がくどく感じることもあるので、おしんことやっこでバランスよく食べましょう。でも美味しい~!!!

 翌日には同じ通りの「はる」で穴子天丼を食べました。
 穴子の天ぷらはどこでも食べられますが、穴子が2本&煮物のつみれが牛挽肉だったのが意外に美味しいです。

   030_512.jpg

 タレがそれほど甘くないので、ほんとうにペロッという感じで食べてしまいました。後味スッキリ。

 娘が高校受験なので、隣の水鏡天満宮(菅原道真が祀られている)に立ち寄ると、おしるこをふるまっていただき、日頃ほとんど食べないので、たまに食べると甘さが心地良く感じられます。

   039_512.jpg

 帰りの空港では、最近よく見掛ける黒胡麻とんこつラーメンを食べました。

   045_512.jpg

 写真はある程度食べてしまった後に撮ったので、ちょっと見苦しいかも。

 また、プレゼン時間が午前中だった時もあり、たまたま前乗りし、それを利用して小倉を訪れた時に食べたのが、ラーメンと巻物1本付のラーメンランチ。
 巻物は福岡ではよく食べられているサバ。シソの葉をはさんであるので、サッパリ。

   031_512.jpg
   032_512.jpg

 ラーメンは豚骨味ではなく、鶏で出汁を取ったもの。これで600円かな。
 お店は片側が寿司用の小さなカウンター、隣が町の中華屋さんといった感じで、ちょっと不思議。年輪を感じさせる店の雰囲気もほのぼのさせられます。

 博多の駅ビルの中にあるお店では鯛のあら煮定食。
 夜、お酒中心にするとお金がかかりるので、この時は食事を中心にしてみました。

   057_512.jpg

 福岡の煮物はかなり濃い味に煮付けられている場合が多く、これは九州全体に言えることですが、味の濃厚なものとサッパリしたものが混然一体になっているような気がします。このあたり、どうなんでしょう?

 たまたまランチで入った薬院のホルモン屋さんでは、ホルモン定食が売り切れてしまったので、焼き肉定食をオーダー。
 ランチ時間なので店内はかなり混雑していて、それと同様に、店員に指示を出すマスターの声もカウンターに座るとはっきりと聞き取れて、これはこれでリアルな店のありようで面白いです。

   061_512.jpg

 アツアツをムシャムシャと・・・。やっぱり肉、サイコーッ!!!

 お腹もふくれ、さて仕事、仕事、と、気持ちを切りかえるやいなや、店先になにやら気になるものが・・・。
 ひよこのお菓子で有名な「(株)ひよこ」の本拠地が福岡なのを知っている人は案外少ない。そこから発売になった「地鶏玉子のどら焼き」なる商品があるではありませんか! 食べたことないのでつい買ってしまいました。

   062_512.jpg

 う~ん、優しいお味がしみじみさせられる~! な商品でした。

 以降、バタバタと仕事をこなし、気がついたら夕方。暗くなってからホテルにチェックイン。最近はお金がかかるので、夜は飲み中心から食べ中心へシフト。以前、飲み中心にしていたら、かかった金額が6000円を超えてしまい、ちょっと控えめを心掛けております。

 ホテルでひと風呂浴びた後、食事に出ます。ブラブラ歩いていると目に飛び込んできたのがクエストという24時間営業のうどん屋さん。低価格のチェーン店として、福岡に何軒かあります。
 もつ鍋、一人290円!!! と書かれていて、その横に "世界一安い" とあります。ならばその世界一、味わってみましょうじゃあありませんか!
 まずは九州ではどこでも必ずあるごぼう天とハイボールをオーダー。当然、もつ鍋も。しかし、もつ鍋は2人前からでした。
 「2人前からかあ・・・」
 と、悩んでいたら、大丈夫、食べられますよーっ。と、オバちゃんが言ってくれたので、当初の予定通りにオーダーする。2人前でも580円也! 確かに世界一、いや、宇宙一安いぜ!!!

   078_512.jpg
   080_512.jpg

 両方とも金額を考えれば十分満足させてくれる優れものでした。ここでも120%、お腹いっぱい食べてしまいました。
 帰りにコンビニに寄って缶チューハイを購入。

 翌日は予定よりもかなり早く起きて、博多駅前のモスバーガーで野菜バーガーを食べ、久留米へ。
 久留米で次のアポイントの時間まで30分あるので、よく寄る喫茶店でモカをいただく。
 「この時間ならトーストのサービスがありますけど?」
 と言われ、いやいや、モスでお腹いっぱいだし、、、と思い、一度は遠慮したのですが、ここのトーストが美味しいことを想い出し、やっぱり下さい!!! 

   087_512.jpg

 嬉しいことに、ここのコーヒーは2杯はたっぷりあるので、とても得した気分にさせられます。お店の名前を忘れてしまったので書けませんが、六門町の小頭公園の道を一本隔てた建物の2階にあります。今時とても貴重な喫茶店だと思います。
 で、トーストに付いてきたイチゴジャムがとても美味しくて、聞くと自家製だとか。甘みを抑え、その代わりにイチゴ本来の酸味がしっかり残されていて、やっぱり食べて正解でした(笑)

 この近くには有名な焼きそば屋も2軒あり、想夫恋と天領屋と言って、同じ焼きそばなれど、考え方がかなり異なっていて、どちらも興味深いです。

   099_512.jpg

 こちらは天領屋の満腹焼きそば定食。焼きそば以外にとり天がついております。
 焼きそばはしっかり焼いてあり、麺はかなり短め。カリカリします。ソースの香ばしさにカリカリの食感が病み付きになります。量もけっこうあり、お腹が膨れること間違いなし。これで750円はかなりのお値打ちではないでしょうか。

 ・・・・・・と、ワタクシは仕事をしながらなのか、食べる合間に仕事をしているのか、第三者にはいまいち理解出来ないかとは思いますが、しっかりやる時はやる、あとは食べる! という感じですかね。
 九州は安くて美味しいし、興味は尽きません。まだ食べてないものも多いし、、、。



nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

続・福岡でこんなもの食べました [出張]

 早いもので、福岡出張も6度目か。
 今では飛行機の乗り方にも精通しとります!
 とは言いながら、未だにプリントアウトした紙がチケット代わりではありますが。

 今回は午後からのプレゼンテーションにもかかわらず、きっちりと午前中に福岡入りするワタクシでした。その分家を出る時間はいつも朝6時前。家で時間まで寝ているという発想自体がないんですね。少しでも早く動いて、自分の時間を作りたい方なので。どうせ目が覚めちゃうし。


          008_512.jpg
 東京は曇り空なれど、雲を抜ければ、ほら、この通り。素晴らしくきれいな青空が広がる。

   011_512.jpg
 空港に到着すると、いつもこの言葉が異邦人を出迎えてくれる。また来ましたよ、、、と、いつしか心の中で繰り返す自分がいる。

   018_512.jpg
 朝食と昼食の中間をブランチって呼ぶんでしたっけ? 「かねいし」というお店にて。

   013_512.jpg
 福岡では定番中の定番のごぼう天うどんをいただく。関東でいうところの "掻き揚げ" のようなもの。
 シンプルこの上ないうどんなれど、うどんは出汁で食べるもの、と、つい言いたくなる。

   017_512.jpg
 テーブルにはネギが必ず置いてある。これはうどんだろうがラーメンだろうが一緒。

 さて、一仕事終え、遅めのランチ、、、って、確かさっきブランチを食べなかったっけ?
 お腹はあまりへっていなかったにもかかわらず、美味しそうなうどん屋さんがあったので、ついつい入ってしまいました(笑) なので2度目のブランチ。

   027_512.jpg
   026_512.jpg
 昆布うどん。これは昆布は昆布でも、おぼろ昆布が上に乗っている。

 ここでも美味しくいただくが、身体の中の出汁指数がついに100%を超えてしまったようで、そろそろうどんはいいや・・・となった。想い返せば、前回からほとんどうどんばっかり食べていたので、ついに来ましたって感じ。でも、満喫させていただきました! もう関東のうどんは食べられない、、、かも?

   032_512.jpg
 仕事を終えたのは午後6時半頃。珍しく夕焼けがきれいだったので、夕焼けモードで一枚!

 ホテルに入り、風呂を済ませ、ちょっと飲みに。

 「つくね横丁」という名の店を見つけ、もともとが焼鳥好きなもので、つくねもいいよねえ~と、ここに決定!!
 店は以外にも若い兄ちゃんが切り盛りしていて、BGMにはJAPANESE ROCKが。メニューを見るとつくね横丁とある通り、これまで食べたことのないさまざまなつくねがある。

   035_512.jpg
   036_512.jpg
   037_512.jpg
 一例を挙げれば、チーズ、ごま、めんたいこ、おろしポンズ、味噌、等々。ひと口食べてはフムフム、、、とか言いながら、楽しんでいただく。

   038_512.jpg
 もちろん酒は地元の冷酒。九州は焼酎の本場なれど、日本酒もとても美味しいのだ。この「冷やしんス」はさっぱりとした口当たりの中にほのかな甘みがあり、つい飲み過ぎてしまうので要注意。

   039_512.jpg
 豚足は酢味噌ではなく、炙っていただく。ゼラチン部分がまるでお持ちのようなのが新鮮。

 ホテルに戻り、バタン! と、ベッドに倒れこんだら、そのまま寝てしまった。
 (それ以来、ちょっと風邪気味・・・)

 翌日は、さすがにうどんではなく、前任の会社の同僚がなぜかお気に入りと言っていた店の焼そばを食べる。

   040_512.jpg
 麺を縮れ麺じゃなくて、ラーメンに使うストレート麺を使っていたので、食感がちょっとばかり他とは違うのが特徴。でも、確かに美味しいけれど、800円は高い。こっちに来てから、麺は500円までとか、つい考えてしまう癖がついてしまったので。

         114_512.jpg
 柳川の有名な川下り。街のいたるところに水路があり、そこを優雅に下ってゆく。もともとは城下町だそうで、うなぎの蒲焼が有名。どじょうを使った柳川鍋の由来もこの地名からとか。

   119_512.jpg
 福岡最後の食事は、鶏の天ぷら定食。確かに鶏肉を天ぷらにするのは関東ではないよなあ・・・。これも美味しくいただく。そういえば福岡ではほとんどごはんを食べていなかったのに気づく。

   食べてばっかりの旅行、じゃなかった、仕事だけれど、地方の良さをしっかり身体に覚えさせるのもとても大切なこと。
 欲を言えば、体重が増えなければ申し分ないんだけれども・・・。
 (現在、3キロ増!!!)


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

石橋美術館(久留米) [出張]

 久留米での商談まで時間がけっこう空いてしまった。
 でも、のんびりどこかで無為に時間を潰すのはもったいない。もったいない病のワタクシは、それじゃあってんで、石橋美術館へ立ち寄ってみた。場所は西鉄久留米駅から徒歩15分ほど。バスだと6~7分、案外近いのだ。

 あいにく美術館は展示品の入れ替えのため休館。ちょうど宅配便のトラックが展示室の入口に横付けされていたので、もしかして搬入?

 休館は残念(さすがにゆっくり見てるほどの時間はない)なれど、庭がとてもきれいらしいので、それだけでも一見の価値あり。
 それにしても暑い!!! 絵の具を塗りたくったような、抜けるように青い空と、わた菓子のようにふっくらした雲。汗が噴き出すのを止められない。要注意、熱中症。


   058_512.jpg
 入口を入ったところから観た全体の風景。壮観!!!

   059_512.jpg
 案内図ではこうなっております。

         061_512.jpg
 噴水のアヒル(?)も、何やら水浴び出来て嬉しそう。暑いからねえ~。

   062_512.jpg
 日陰は風もあって思った以上に涼しい。

   067_512.jpg
 見てよ、この空。まさに<青>。

         068_512.jpg
 石段をこぼれ落ちる水。緑が豊富なのは当然ですが、水も豊か。

   071_512.jpg
 ほ・・・お・・・、と、ついため息・・・。

         074_512.jpg
 子どもが虫取り網を持って、蝶を採ってました。懐かしい光景は今でも健在。

         075_512.jpg
 小さいが滝まである。至れり尽せり。

   078_512.jpg
 小高い丘のてっぺん。木陰に置かれた年季の入ったベンチに腰かければ、そよぐ風と蝉の声。

   080_512.jpg
 ベンチからの光景。

   082_512.jpg
   084_512.jpg
 丘を降りた先には芝生の緑があざやか。隣では幼い赤ちゃんを連れたおかあさんの姿が。

         085_512.jpg
 庭園を一周し、美術館へ戻る。


 アポの合間ということもあり、滞在時間はせいぜい30分程度であったが、建物と庭園が、きちんと計画され、整備され、運用されているのがヒシヒシと伝わってきて、とても素晴らしかった。出来ればもっとじっくり鑑賞したいところ。

 さて、急いで昼食、そして仕事だーっ!!!


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

福岡でこんなもの食べました [出張]

 今回は先方の予定がなかなか決まらず、ゆえにどちらに転んでもよいように、無理矢理出張予定を組んでしまった。
 なので、ただでさえ早い飛行機が、さらに30分前倒し、何と、8時半の飛行機に乗るはめに。まあ、どうせ早起きなのでどうにかなるんだけれども(でも、4時半起きはさすがに早いと思う)。

 空港で見かけたポケモンの飛行機が、実は自分の乗る飛行機だったなんて、ちょっと恥ずかしい。でも、これ、かなり目立つ。そして、東北の人たちへの「心をひとつに、がんばろう ニッポン」の文字・・・。We Are Not Alone だぜ!!!

   011_512.jpg

 ロビーではいつも見ている日テレの朝番組「ZIP」の料理コーナーを放映中。

   008_512.jpg

   そういえばいつもなら朝マックと洒落込むところ、なぜか今回はパス。その変わりたまたま見つけたブタまんにかぶりつく。

   010_512.jpg
 

          ★          ★          ★          ★


 福岡に着いた日の昼食は、現地でも評判のうどん屋平(たいら)。先に記した予定が結局夕方になってしまった関係で、午前中の時間が浮いてしまった。なので、こうして11時半の開店に並んでいるというわけ。

          013_512.jpg

 前に並んでいるオヤジさんに、
 「出張で初めて来たんですけど、おススメってありますか?」
 尋ねると、
 「海老、ごぼう天だね」
 と教えてくれた。
 ところが、開店一番、店の方が、
 「申し訳ありません、今日は朝一で海老が入りませんでした!」
 マジですか?
 なので、カウンターに座ると、目の前のオバはんに、どんなメニューが人気なのかを尋ねる。

   015_512.jpg

 これがオバはんおススメの肉ごぼう天。う~ん、美味そう!!!
 店主はうどんの茹で加減を何度も手で確認していた。びっくりしたのは、一度打ったうどん(切る前)を、大きなパスタマシンで切っていたこと。さすがにそれは撮れなかったけれど。
 だんだんこちら特有の柔らかいうどんにも馴れてきた。ここのは表面は柔らかいものの、芯はけっこうモッチリ、しっかり。
 それにしても、11時45分にはすでに満席とは・・・。

 大きくなったお腹をさすりながら福岡駅に到着すると、駅前で何やら開かれている。

   017_512.jpg

 東北支援の物産展と、地元のエコ食品を販売していたので、ついつい天然酵母のクリームパンを買ってしまう。すでに満腹にもかかわらず・・・。

   019_512.jpg

 午後からは駆け足で仕事をこなし、夜も8時を廻る頃、肩の荷も下りてホッとしたところで馴染みの店へ。
 ところがいつも話し相手になってくれる娘が自動車事故でお休み中。たいしたことはかったそうなので、まずは何より。でも、ちょっとばかり当てが外れてしまい、寂しい。

   023_512.jpg
   026_512.jpg

 ところで、この店の良いところは、焼き鳥が冷めないように一工夫しているところ。美味しく食べてもらいたいという店主の心使いが嬉しい。

 店を出てホテル近くまで帰って来ると、「焼ラーメン」の文字が。焼ラーメンて何? とか思うと食べたくなってしまう。根が知りたがりなもんで。
 すかさず飛び込み、注文する。飲み物も聞かれたので、さんざん飲んでいるにもかかわらず、オーダーしてしまう。 ついでにお通しまで出て来て、ちょっと申し訳ない気もする。

   027_512.jpg
   029_512.jpg

 他の店でも同様なのだけれども、九州ではサバとかアジとか、ゴマダレでいただくのが風習のようで、最初は戸惑ったものの、食べると美味しくて、すっかりお気に入りになってしまった。 

 焼ラーメンが来るまの時間に、後ろの席のサラリーマンが、自分の頭に描いている仕事の処理能力と、実際のギャップについて、悔しそうに話をしていた。年齢的には中堅なのだが、そんな彼を好ましく思った。
 「大丈夫だよ、あなたがちゃんとやっているのは、みんなわかっているから・・・」
 他人ながら、一言、そう言ってあげたかった。
 失礼ながら、寿司ネタが入っているガラス越しに一枚、パシャ!

   031_512.jpg

 そして、焼ラーメン。

   033_512.jpg

 美味しいが、いわゆる焼ビーフンみたいなものですな。でも、ペロリと完食。ぜったい太ってる・・・。

          ★          ★          ★          ★


 翌日は、早起きを生かして、モーニング・ウォーキング(笑)
 24時間営業のうどん屋を横目に、知らない通りを行く。今回も基本はうどんなれど、気の向くまま、足の向くまま。
 中州あたりまで来たところ、前々回の出張の時に、たまたま通りかかった場所に出くわす。
 そういえばとんこつの強烈な臭いを発していた店があったっけ。記憶を頼りに歩くと、ありました! ここ、ここ。

   042_512.jpg
   043_512.jpg

 何と、ラーメン一杯290円!!! 安い、安過ぎる!!! それに美味い!!!
 福岡良いとこ、一度はおいで~♪

 この日は、午前中に柳川、午後に久留米にプレゼンテーション。
 朝8時半に柳川を終え、そのまま久留米へ移動。

 久留米では以前訪れた「一平」で、ごぼう天うどんを食べる。

   112_512.jpg

 それにしても福岡では東京でいう掻き揚げがどこへ行ってもない。その代わりまる天とごぼう天はかならずある。不思議だなあ。

 久留米で商談をしていると、雲行きが怪しくなりだしてきたので、急遽、早めに空港へ向かうことにする。久留米駅から空港へ向かう高速バスがあるので、時間ギリギリ飛び乗って空を見上げると、、、

   113_512.jpg

 これは尋常じゃない雲行き。まるでパニック映画さながら。おまけに時おり雷まで。まるでバスを追いかけるように黒雲が忍び寄って来るのだった。

 空港に到着してすぐさま飛行機の変更をする。6時半発を5時半に前倒し。会社に最終連絡を入れると、東京はバケツをひっくり返したような豪雨であると言う。
 「マジですかあ・・・」
 福岡空港では到着すべき飛行機が定刻通りに到着しない事態が頻発していた。そうなると当然離陸も狂う。アナウンスが頻繁に流れ、離陸予定の変更、羽田上空で着陸待機をしている機が10~20機はあるなどと、ヤバイ情報が次々と入って来る。

 まあ、焦ってもしょうがないや・・・。
 このままだと夕飯もどうなるのか分からないので、いつもの、、、

   116_512.jpg

 ビール&おつまみセットと、

   117_512.jpg

 ついでにカツカレーまで食べてしまう。繰り返すが、絶対、太ってる・・・。

 その後、当初乗る予定だった6時半の飛行機は欠航。夏休み最後の週末ということも重なり、以降の機はすべて満席・・・。ということは、帰れないのね。その場合、宿とか手配してくれるのだろうか? でも、ホテルはどこも満室状態なはずだけど(だから今回はいつものホテルを予約出来なかったのだから)。ブランケット一枚渡されてロビーで寝るのだったら嫌だな。

 時間を変更したことで首の皮一枚つながったワタクシが、遅ればせながら福岡を離陸、自宅に到着したのは、夜も10時半を廻った頃だった。
 疲れた・・・。
 マジで。



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

今回の福岡出張は・・・ [出張]

 福岡も四度目ともなれば、方向音痴なれど、もういい加減慣れてきた。
 宿泊先が天神地区なので、当然、そこを中心に動くわけだが、朝早かったり、夜、規定の就業時間(18時)をオーバーしたりしながらも、その合間合間の空き時間を一瞬たりとも無駄にせず(ちょっと大げさ)、電車と歩きで福岡ライフを満喫する。

 そんなことを言うと、ちっとも仕事をしていないように思われるかもしれないが、営業なので、まずは相手の都合が最優先。なので、こちらの都合よく時間を割り振れない分、かなり時間が空いてしまうこともある。だからけっしてサボっているわけではないのだよ、君。

 さて、今回は<こんなもの食べました!>で、簡素にまとめてみようと思う。
 念を押すが、くれぐれも、サボっているわけじゃないので、誤解しないように!!!

          ★          ★          ★          ★

 魚が食いたいなあ・・・。
 と、思い立ち、で、思い立ったら吉日とばかりに、最初に福岡を訪れた時に、四角いおにぎりを売っていた店のオバはんに教えてもらった卸売市場へ行く。ここは朝7時から店を開けているので、上手く時間が合えば重宝すること間違いなし。
 で、その一角にある「博多魚がし」で注文したのが、こちらの特別海鮮丼。色々な種類の魚が盛られていて、お得感強し。

   030_512.jpg   
   029_512.jpg

 で、美味しいのだけれど、若干量が少なめだったので、小腹がすいてしまい、でも、せっかくだからと食べてしまったのが、うどん。↓

   073_512.jpg

 一番人気は大きなごぼ天(ごぼう天)うどんなれど、その時はなぜかちくわが食べたかったので、こちらになった。麺は関東のようにシコシコしてはおらず、やわらかめ。こちらはこの柔らか麺が定番なので、最初はちょっと戸惑う。出汁味の汁がなかなか美味。

 夜は夜とて、イカが旬とばかりに、イカの活き造りをいただく。この料理、値段が2500円くらいするところが多く、ちょっと一人で食べるには厳しい。そこで取引先の方に、安くて美味しい店を紹介していただき、仕事が終わるやいなや、ホテルでシャワー浴びると、さっそく店に繰り出した。

   077_512.jpg

 これがイカの活き造り。大きさは小ぶりなので、金額も1200円とリーズナブル。もともとそれほどイカ好きでもないが、改めて食べるとなかなか。表側を食べ終えると、残った部分を、焼きにするか揚げるか聞かれたので、揚げでお願いしたところ、

   078_512.jpg

 サクサクのから揚げに衣替えしての再登場。で、これが予想以上に美味しくて、パクパクといただく。
 結局、イカ以外に2品、酒を3杯のんで、6000円の支払いになってしまったのは誤算。

 翌日は朝マックで済ませ、昼は地元(福岡じゃなくて)で人気のお好み焼き屋へ。
 暑い中、熱せられた鉄板にのせられたのが、これまた巨大なお好み焼きだった!

   079_512.jpg

 これで2人前。美味しいのだが、ちょっと食べ切れる自信なし。案の定、最後は残すはめになってしまった。家族で来ていた別のテーブルの客は食べ切れなかったものを持ち帰っていた。そうかというと、一人でもくもくとビール片手に食べている人もいて、夏休みではあるが平日なので、どんな人? とか、一瞬、不思議に思ってしまったのだった。

 帰りは7時過ぎの飛行機で羽田へ。
 そこから遠路、家までが長い。結局、帰宅したのは夜の11時半。疲れはしたが、やっぱり出張は楽しいなあ~。

   
nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

三度、福岡へ・・・(2日目) [出張]

 ホテルは一人なのに、ベッドが2つあった。 ↓

   024_512.jpg

 訳あり低価格部屋なので、別に気にもしないが、せっかくなので両方のベッドにまたがって横になったりして遊んでみた。
 朝は今回も早い。目覚ましとモーニングコールを6時にセットしたにもかかわらず、5時前に目覚めてしまうのはなぜなんだろう? 音を立てないように気を付けながら朝風呂に入ったりして時間を潰すと、空が明るくなってきた。

   025_512.jpg

 6時半にはチェックアウト。西鉄天神駅の横のマクドナルドで朝マックを済ませ、駅へと向かう。

   026_512.jpg
   027_512.jpg

 特急で西鉄柳川駅へ。アポは朝8時半。電車はちょうど通学の高校生でいっぱいで、駅を降りてからも、国道沿いに歩くこちらを自転車で追い越してゆく。
 1時間ほど話し込んだ後、再び天神駅へと戻る。
 関東では「SUICA」「PASMO」が有名で、大阪だと確か「IKOCA」だったはず。ここ福岡は「NIMOCA」なんですね。まあ、SUICAはどこでも使えるので不便はしませんが。

   029_512.jpg

 朝がやたら早かったので、次の予定までけっこう時間が余る。このあたりは先方の都合が優先されるので、こちらとしても痛しかゆしだ。それでも余った時間は有効に、、、と、観光に精を出すワタクシだった。

 西鉄天神駅に戻る。そのまま気になっていた博多ポートタワーに足を延ばしてみる。

        054_512.jpg

 それほど大きくはないものの、こんな感じでそびえ立っている姿がりりしい。

 近くでは ↓

        052_512.jpg
 海釣り(?)をする人の釣竿が並べてあった。

   その先端からの眺め ↓

   053_512.jpg

 ポートタワーの登ると、博多の街が一望出来る。

   056_512.jpg

 展望階には若いカップルと、おじゃま虫のボクの3人のみ。申し訳ないので、足早にグルッと一周して早々と降りたのだった。お2人さん、仲良くねえ~!

 そのまま中州の商店街へ突入。休んでいる暇はない。でも、物凄~く暑いので、

   058_512.jpg

 ガリガリくんソーダ味をかじる。日本中、いつでもどこでもガリガリくん!!! 頼もしい仲間だぜ!

   035_512.jpg
   036_512.jpg
        037_512.jpg
        038_512.jpg
        040_512.jpg

 中州の商店街から博多駅は、ちょうど博多祇園山笠の準備に追われていた。7月1日~15日まで、街はお祭りでにぎわう。出来るならそれに合わせて出張出来たならよかったのに、、、と思うが、そうもいかないのが辛いところ。仕事だからね。

 この日は日本全国が物凄く暑かった日で、ここ福岡も観測史上2位の暑さだったらしい。ペットボトルが手放せなくて、一本空けては次、一本空けては次と、かなりの水分を補給せずにはいられなかった。
 そんな中、お昼にちゃんぽんを食べる。13種類の具がてんこ盛りの逸品で、おまけにおにぎりまで付いているではないか!

   043_512.jpg
   042_512.jpg

 これで女性用とは恐れ入りました!!! 男でも十分、お腹いっぱいになりましたよ。 

 お腹が膨れたところでお昼寝、、、じゃなくて、お仕事ね。
 今回は2つまとめて近場で終われるのでラッキー。いつもこうだともう少し余裕が持てるんだけどなあ・・・。

 なんとかバタバタとではありますが、今回の福岡出張も無事終わり、帰りの飛行機に乗ったのでした。
 もう一日宿泊出来れば、さらに足を延ばして長崎や熊本まで行けるんだけれど。

 なにはともあれ、ご苦労様でした! と、自分につぶやいてみる。
 これからが夏本番、クールビズでゆこう!
 まずはそこから、、、か !?




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

三度、福岡へ・・・(1日目) [出張]

 それにしても、一歩間違えれば、テロリストかよ~。まいったなあ・・・。

 とりあえず前科が付かなくてホッとしたワタクシは、気を取り直して福岡行きの飛行機に乗り込むのだった。

 007_512.jpg

 今回乗る飛行機は、アシアナ航空との共同なんちゃらとかアナウンスがあったにもかかわらず、なんのことかさっぱり分からず。それでもSTAR ALLIANCEの文字が恰好良いので、ちょっぴり嬉しい。

 今回はスケジュール調整に難ありで、時間が足りなかったり、逆に余ったり。けっこう大変なのだ。
 まずは空港に到着し、地下鉄で博多駅に出て、そこから西鉄で久留米へ向かう。特急に乗らないと時間にかなりの差が出てしまうので、そこはきっちり。

        014_512.jpg 
 久留米駅前商店街もすでに見慣れた風景になりつつある。なのでちょこっと寄り道(?)して、前回来た時に気になっていたごちゃごちゃとした一角をチェックすることに。

        012_512.jpg
 この独特な作りは、多分、昔は遊郭だったのじゃあないかと思われる。
 川の隣には小料理屋が並ぶ。このごちゃごちゃとした並びも独特なものがあり、怪しげな匂いを未だに漂わせている。

        019_512.jpg        
  017_512.jpg 
   016_512.jpg

 この一角は六つ門と呼ばれ、歴史資料館にでも行って調べてみればかなり面白い事実が発見出来そう。とは言え、ワタクシはしがないサラリーマン。仕事をしなくては・・・。
 とか言いながら、朝飯兼昼飯を食べねば十分に働けないので、食べるところを物色する。ガイドマップの類いは一切持たないので、自分の勘だけが頼り。

 そこで見つけたのが、「一平」という名のうどん屋。九州は豚骨ラーメン同様、うどんも美味しいと聞く。ならば食べねばなるまいて。
 この店には "中華うどん" なる食べものがあり、どうやらそれが一番人気らしい。
 気になったら食べる! これ、昔からのポリシー。

   
   011_512.jpg  
 これが中華うどんに肉飯が付いた一平セット。澄んだうどんの出汁つゆに中華麺、上に乗っているのは豚骨ラーメンにも兼用可の具材。
 で、汁をすすると、これがサッパリしていて、う、美味い!!!
 関東人でありながら関東風醤油ドボドボスープに?なボクにとては、これはイケる。で、ストレートな中華麺が合うのよ。これだけなら420円と、とってもリーズナブル。ミニ肉飯は逆に味付けが甘過ぎるものの、それはそれでありかも。

 中華うどんを堪能した後は、前回訪れてお気に入りとなった喫茶店へ。
 全体的に金額高めなるも、味、量、ともに満足のいくもので、この日は暑かったので、アイスコーヒーをオーダー。

   022_512.jpg
 ね、大きな容器にいっぱい入っているのが分かるでしょ?

 グッと飲み干して、では、いざ、取引先へと出陣!!!

 で、いつもならいらっしゃらない社長がこの日はたまたまいらして、仕事の話というよりは、それに付随する歴史の話などしたのだった。
 そうこうしている内に、移動の時間が迫る。駅までUターンして次の特急に乗って薬院駅まで行かなければならない。
 きりのいいところでその場を後にして、速足で駅を目指す。目指すのはいいのだが、なにしろ暑い! なのですぐに汗だくになってしまった。
 その甲斐あって、時間に遅れることもなく、薬院でプレゼンテーションを済ませることが出来た。ああ、めでたしめでたし・・・。

 そして、今度はそのまま薬院駅(地下鉄の方)から六本松駅に向かう。
 ・・・向かって地下から地上に出たまでは良かったのだが、地図の方向が分からない。目の前の太い通りは地図でいうところのここ? 違うの? いつもながらの方向音痴が飛び出した。
 「すいません、道を尋ねてもいいですか?」
 近くにいた女子高生3人組に声をかけると、ボクの手にした地図のコピーを一緒に覗きこみ、ああだ、こうだと相談の上、教えてくれた。
 「どうもありがとう!」
 礼を言って、教えられた通りにしばらく歩いていると、後ろからバタバタと、大きな足音。
 「そっちじゃないです!」
 見るに見かねて、わざわざ追いかけてきたらしい。
 それだけならまだしも、目的地の途中まで3人とも一緒について来てくれ、2人は近くにある高校に用があるのでそこで別れ、あと一人の子は目的地まで一緒に先導してくれたのだった!!!
 途中、東京のこととか、大宰府のこととかを話しながら歩いた。とていい子で、せっかくだから記念写真を撮らせてもらったのだが、制服姿なので、残念ながらここにはUP出来ないので、悪しからず。
 「お仕事、がんばって下さい!」
 別れ際、そう声をかけられ、照れ臭いような、恥ずかしいような気持ちになってしまった。
 なんでこんなにみんな優しいんだろう?
 福岡に転勤してーっ!!!
 心の中で叫んだのは言うまでもない。

 彼女らのおかげで、約束の時間にも間に合い、これで今日の仕事は終了。

 夜は前回も訪れた「とり皮屋 勝軍」で、焼き鳥をいただく。
 ここの女の子がこれまたいい子で、つい話し込む。
 大学の法科に通う男の子とはゲームの話等で、こちらも楽しく話す。
 食べものも酒も美味い。
 こうして福岡の夜は更けてゆくのだった・・・。


  
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

三度、福岡へ・・・(出発前) [出張]

 いやあ、最近はすっかり福岡LOVEでして、また来月も行けたらいいなあ・・・と、出張が終わったとたん考えてしまっていたりする。
 博多界隈は人も多いし、見た目は東京とほとんど変わりないんだけれど、割と街作りが理路整然となされているので、大きな通りとその周辺を覚えてしまえば、そんなに難しくはないことに気がついたのだった。

 さて、今回の旅、、、じゃなかった仕事も、ハプニングがあったりして、ドキドキ[黒ハート]

 いつもの通り、早起きして、9時羽田発のANAに乗るべく家を出て、順調に空港に着く。かなり余裕を見ているので、出発の40分前くらいにはターミナルにいたりする。

 いつものように早めに手荷物検査場へ。馴れたもんで、パパッとゲートをくぐり、レントゲン検査を終えて手荷物が戻って来るのを待っていたら、
 「もう一度、検査してもいいですか?」
 などと異なことをおっしゃる職員の方。
 「どうぞ、どうぞ!」
 と、気軽にOKしたら、あらら、再度のNG。
 「ちょっとこちらへ」
 とか言われて、、、???
 「サバイバルナイフ(アーミーナイフだったけな?)とか持ってませんか?」
 「ないない!!!」
 おい、冗談じゃない、こちとらテロリストじゃあるまいし、そんなもの機内に持ち込むわけないでしょ!!!
 勘弁してよ~と、心の中で毒づいて、
 「カバンの中のものを出してみましょうか?」
 と言って、傘、仕事道具、定期等、出す。
 最後に、カバンの小さなポケットを開けたところ、
 「もしかしてこれ !?」
 な、掌サイズの万能ナイフが!!!
 Oh My God !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

   vic-137133.jpg

 ↑ こんなやつが入っていたのだった(苦)

 やば~!!!
 
 「預けるか処分して下さい!」
 とか言われ、渋々、処分したのだった。
 まあ、これまで持っていながら一度も使ったことがないので、預けても帰りに取りに寄るのも面倒だったこともあるのだが・・・。

 出発前から波乱万丈・・・。

 三度、福岡へ・・・(1日目)に続く・・・



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

福岡、again ! ! ! (二日目) [出張]

 翌日は、なんと朝8:30のアポ。それも福岡市内じゃなくて、柳川。
 西鉄天神駅7:30発、特急大牟田行に乗ればいいよと教えてもらい、その通りに列車に乗り込む。
 頭の中では、ウイリーネルソンの「On The Road Again」という、ミュージシャンがまた長いツアーに出掛ける様子を描いた歌のメロディが繰り返し流れている。ボクにとって福岡出張はまさに "旅" なのだ。

   041_512.jpg

 列車の窓からの風景は、留まることを知らず、絶え間なく流れてゆく。都会風な高層ビル群はやがて田んぼへと様変わりする。するとますますもって歌の通りなのである。

 柳川で無時仕事を済ませると、今度は久留米駅まで戻る。
 久留米駅前商店街はけっこう大きいけれど、シャッターが閉まったままな店もチラホラ。
 そこを超えた先で見つけた昔ながらの喫茶店で、モーニングと洒落込むことにする。
 先客は常連さんと思しきご老人。途中、外人の兄ちゃんとかもやってきてコーヒーを飲んで行った。

   042_512.jpg
 
 サイホンのままで出されるコーヒーは2杯分。サンドウィッチにも手がかけられ、とても美味しい。均一に焼かれたパンが食欲をそそる。まさにプロの仕事。

 久留米で仕事を終え、そのまま西鉄天神駅へ向かう。
 そこから大堀公園駅へ。次のアポまで時間が空いたので、プチ観光と洒落込む、、、とはいえ、ここでも地図を頼りに、駅から北上。海を見に行く。

   044_512.jpg

 博多湾のシンボル? 巨大なプロペラじゃなくて、スクリュー。それも金色!

   045_512.jpg
   046_512.jpg
   047_512.jpg

 先に見える船は、福岡造船所。デカイですわ。

   050_512.jpg
        054_512.jpg
   055_512.jpg

 イカ釣り漁船? 電灯らしきものがたくさん備え付けてある。

   057_512.jpg

 すいません、海のことはなーんにも分かりません。生まれが海なし県、埼玉なもんで。
 とか言いながら、のんびりしているほどの余裕もなし。数回の深呼吸と写真を撮っただけでさっさと退散。とりあえず昼飯を食べなくちゃ。
 そんな流れで偶然入ったのが、通称親不孝通りと呼ばれる一角にあるラーメン屋。一杯500円は嬉しい値段設定だ。紅ショウガをチョコンと乗せて食べれば、うん、美味い! こってり豚骨なのにあっさり味なので、これなら毎日でも食べられるかも。

   058_512.jpg

 遅めの昼飯を食べ終えて、最後の仕事先へ向かう。
 そこもなんとかやり過ごして、これで今回の出張は無時終了と相成った。
 博多駅から福岡空港まで地下鉄で2駅。やっぱりこの近さはありがたい。
 5時過ぎに会社に最終連絡を入れてホッとしたところで ↓

   060_512.jpg

 軽く一杯&おつまみ。これくらいは許されるだろうって。
 そのおかげだろうか、帰りの飛行機の中ではうとうと・・・。
 気持ちいいなあ、、、。

 そんなこんなで家に着いたのは夜の9時半頃。お土産を嫁さんに渡し、風呂に入った後、やっとリラックス。
 身体は疲れるけれど、非日常的な出張はやっぱり楽しいのだ!!!


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

福岡、again ! ! ! (一日目) [出張]

 引き継ぎ後、ひとりでの福岡出張。
 地の利なし、おまけに方向音痴。こりゃあ洒落になんないわぁ~~。

 ひとりだなんて心細いじゃあないですか!
 とか言ったって、仕事だからしょうがない。しょうがないけど、心細い・・・。
 いちおう余裕を持ったスケジュールを組んではみたものの、やっぱり心配だーっ!!!

 朝9:00の羽田発ということは、自宅を出るのが6時。起きるの5時。いくら朝に強いとはいえ、けっこうハード。なので目覚ましをセットして、万全の態勢で望む。念の為、嫁さんにも目覚まし代わりになってもらう。

 電車も遅れることなく、定刻に羽田国内ターミナルに到着。何番ゲートかを真っ先に確認し、中へ入る。
 天気はあいにくの雨。飛行機も心なしか寒そう。

   013_512.jpg

 座席ナンバーを念入りに確認し、出発前に外を眺めれば、

   014_512.jpg

 こんな感じ。
 雨の中、滑走路は、、、あれ、前回と違うぞ!!
 どんどん先に移動すれば、どうやら海の中に伸びた新しい滑走路のようだ。なんか凄いぞ !?

 こちらの心配をよそに、無時離陸。窓際の席を確保しているので、外の景色を眺めつつ、雲の中に突入。
 しばらく前の見えない状態が続くも、雲を抜ければ、、、

   015_512.jpg

 ほれ、この絶景!!!
 ガガーリンじゃないけれど、「地球は青かった・・・」と、つい口からこぼれる。

 11時頃、無時福岡空港に到着。
 この日のアポは13:30分なので、こんなに早く来なくても良かったのだが、馴れない土地で焦るより、早めに着いて余裕かましていた方がマシと考え、この時間なのだった。

 まずは腹ごしらえ。とはいえ、前回立ち寄っただるまという名のラーメン屋の場所(駅ビルなのは覚えている)が想い出せない。なので自力で昼食(正確には朝メシも食べてないのでブランチか?)を確保することにした。
 まずは福岡空港から西鉄天神駅へ。この周辺を歩くと、寿司屋の商品見本が目に入る。やっぱり九州は魚だよねえ~と、勝手に決め付けている身としては、とても気になる。それも安い!!!
 えい! と、店に飛び込めば、あれれ、立派なお店じゃないですか!!! 本格的な寿司屋さんですよ、これは。

   016_512.jpg017_512.jpg

 カウンターに通され、座るると、1000円のランチにもかかわらず、順番に寿司が出てくるではないか!!!。 これには驚き。普通、一人前がまとめてドンと出て終わりだもの。
 で、箸など使わず、手でつまんで口に放り込めば、う~ん、美味しい!!! なんか5000円くらい払っている気分だぞ(笑)
 食べ終えてレジにいる女将さんに、出張で初めてこの店に入ったことを告げると、また来てくださいね! と、優しい言葉をかけていただいた。ぜったいまた来ますから! 心に固く誓い、店を後にした。

   019_512.jpg

 しっかり店の看板もチェック!!!

 西鉄天神駅からひとつ目。薬院駅まで歩く。ひと駅の区間はそれほど距離がないので、余裕で歩けるのだった。途中、風呂屋を発見するも、さすがに風呂に入っている時間はなし(4時からなのでどっちにしろ入れない)。ジャケット着用がネックになって汗をかくが、こればっかりはしかたなし。

 無時アポの時間に間に合い、プレゼンテーションをし、そのまま今度は電車で天神駅へと戻る。次のアポまで時間があるので、天神駅から中州経由で福岡駅まで、また歩く。知らない街はとにかく歩き廻って、位置と距離を身体に染み込ませるのが自分流。なので、やや速足で歩き続ける。

 途中、

          028_512.jpg

 こんな看板や、

   029_512.jpg

 こんな店に遭遇し、心躍らせる。

 博多での2個所目のプレゼンテーションを終え、ほっと一息。
 次は18:00。場所は地下鉄大堀公園駅から徒歩15分?
 本当はバスで行きたいところなのだが、複雑なバス事情がさっぱり分からず断念。でも、大丈夫。まだまだ歩けるから。

 前回は早朝散歩で訪れた大堀公園を、夕方歩く。とはいいながらも、だいぶ日が長くなっているので、まだ明るい。

   030_512.jpg
   031_512.jpg
   032_512.jpg
   034_512.jpg
   035_512.jpg
 修学旅行と思しき学生の列と遭遇。男ばっかりなので、きっと男子校なのだろう。なので全然興味がわかなかった。ごめん。

 本日最後のアポイントメントも無事終了。時刻は18:40分。
 先ほど来た道を再び戻れば、

   037_512.jpg

 なんかいい雰囲気じゃあありまんか!

 ホテルに戻る途中で焼き鳥屋に入る。晩酌セットなるメニューに妙に惹かれたからだ。
 ここでは鶏膝軟骨という珍しい焼き鳥をいただく。店内の照明不足なので写真が取れなかったのが残念。
 出された焼き鳥が冷めてしまわぬよう、粋な心配りもあり、まったく知らずに飛び込んだにしては大当たり!!! ここもまた来るリストに加えるとしよう。

          038_512.jpg

 2時間ほどで店を後にし、ホテルに戻る。さっそく文庫本手に風呂に入り、リラックスタ~イム。

 では、お休みなさい、、、。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

いざ、福岡へ!!! [出張]

 仕事、変わりました!!!

 と言っても、転職とかではなくて、部署替え。
 それも13年ぶりに内勤から営業に。
 スーツは着れるのか?
 ネクタイは大丈夫か?
 ワイシャツだって必要だ・・・。

 そんなことを悩んでいる暇もなく、引き継ぎ兼ねて九州へ!
 ちょっと待て、飛行機なんて、娘が生まれる前しか乗ったことがないぞ。
 娘が14歳だから、、、15、6年ぶり???
 チケットは同僚に手配してもらい、遅れるわけにもゆかないから、時間に余裕を持って家を出たら、待ち合わせの1時間も前に着いてしまった。

  007_512.jpg

 手荷物検査でペットボトルが引っ掛かるのを知らず、バーコードの付いた紙がチケットの代わりになるとか、いやはや、知らないことばかり。
 フライトは時間にして1時間50分。思ったよりもずいぶんと早く福岡に着いたのであった。

  010_512.jpg
 
 福岡空港から博多駅へ。
 これがずいぶんと近くて驚き。
 駅ビルのだるまという名のラーメン屋で、お約束のとんこつラーメンを食べる。
 ネギたっぷりの地元では定番の味。とても美味しいが味が濃いため、関東人には毎日はちょっとつらいかも。
 

  009_512.jpg

 仕事を済ませた後は、時間も多少余ったので、ホテルから中州まで歩く。

 
  017_512.jpg
  022_512.jpg

 まだ日が落ちていないのでにぎやかさははい。それでも道に沿って歩けば、呼び込みの声が。
 想像と違ったのは、ラーメンだけでなく、焼き鳥やらなんやら、色々なものを扱っていること。いつか寄ってみたいものだ。

 その後、九州営業所の人間と合流し、魚を食べる。刺身、煮、焼き、魚が美味いから酒も進む。もちろん焼酎ね。

  026_512.jpg

 11時頃、ホテルに戻って、風呂に入ってから寝る。

 年寄りの朝は早い。
 6時には起床し、頭を洗い、すぐ身支度。そのままホテルを出て散歩と洒落込む。
 初めての街はどこも目新しく、新鮮に思える。
 散歩の基本はまず歩くことなので、ひと駅ふた駅分くらいは楽勝だ。

 
   031_512.jpg
   034_512.jpg

 こんなおかしな看板を横目に、昨日バスで通りかかったお堀のある辺りへ歩を進めれば、見えて来ました目的地が!

   035_512.jpg

 いいねえ~。いやがうえにも期待が高まっちゃう!!
 福岡城跡は舞鶴公園の中にあり、二の丸、本丸と、ちゃんと残っているのが凄い。

   039_512.jpg
   041_512.jpg
   046_512.jpg
   048_512.jpg

 日本の建築の基本はもちろん木なのだけれど、お城には石が欠かせない。大きな石を組み合わせて作られた石垣からは強固な建造物という以上に、それを作らせた人物の力(意思も含めて)を感じずにはいられない。

   049_512.jpg

 ここに来る間に買っておいた朝マック(マフィン&コーヒー)200円也を食べて腹ごしらえ。

        053_512.jpg

 まさに城塞って感じ。ここを攻め落とすのはたいへんだろうなあ・・・。 

   055_512.jpg
   056_512.jpg

 見渡せば、博多の街が一望出来る、まさに絶景かな、絶景かな~。

   058_512.jpg
   059_512.jpg
   062_512.jpg
        063_512.jpg
        065_512.jpg

 木が凄いことになっている。こんなところに !? こんな生え方 !?

   067_512.jpg

 城跡を通り過ぎる。
 何もない道でもつい写真に収めたくなる。東京と比べると、全体が広くてきれいなのだ。

 隣には大濠公園があり、ここもとてもきれいだ。
 時間の流れる速度がゆったりしていて、心地良い。
 そういえば昨夜会った福岡営業所の同僚は、東京にいた時よりもみんな太っていたっけ。
 食べ物は美味しいし、環境はいいしで、みんな太ってしまうらしい。

   068_512.jpg
   071_512.jpg
        072_512.jpg

 海あり県らしく、街の風景に水の流れる場所がふんだんにあり、それが同化して豊かな景色を彩っている。海なし県(埼玉)に生まれ育ったボクとしては、それが何ともうらやましく感じられた。

 ホテルに戻る途中で変わったおにぎり(?)を発見したので、朝マックしたにもかかわらず購入(笑)
 さっそく部屋で食べる。

   076_512.jpg
   077_512.jpg

 四角いおにぎりなんて初めて。中にはハム(スパムかな?)&卵焼が入っていて美味しかった。まるでサンドウイッチみたい。

 078_512.jpg

 仕事を終え、夕方、高速バスで福岡空港へ。

   079_512.jpg
   083_512.jpg

 なぜか<GUNDAM>の文字のある飛行機で羽田へと向かった。 

 今回は引き継ぎという割と楽な役回りだったので、旅行気分で気楽にいられたのでその分楽しめた。
 福岡って、予想よりずっと良いところだなあ・・・。
 また来たいなあ・・・。
 いやいや、また来るって。
 だって、仕事でしょ !?


 ※この記事はGW前の出来事です


 
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。