So-net無料ブログ作成

アイフォーンで3Dポルノ動画を観よう!! [ニュース]

 なんともキャッチーな見出しである。

 『アイフォーンで3Dポルノ動画が視聴可能に』という言葉で惹きつけておいて、ついついその後も読まずにはいられない、近頃では出色の見出しなのである。

 確かに過去を振り返ってみればお分かりのように、新しいメディアを牽引する主力がエロものなのは公然のワイセツ、じゃなかった、常識である。

 ビデオテープの創生期に登場し、ハードの普及に一役買ったのは、まさしくアダルト・ビデオであった。
 時を同じくして誕生したビデオ・レンタル店の稼ぎ頭は、ハリウッドの大作映画ではなく、それまで聞いたこともない会社の、劣情を催させる刺激的なパッケージの数々なのだった。定価の一割=1200円くらいのレンタル料金は、今考えるとバカ高だが、その時はそれでも週末にはほとんど貸出されていたものだ。

 同じくDVDの普及にも同様なことが起こった。
 アメリカのセルDVDにはアダルト作品が目白押しだった。
 遥か極東の島国からインターネット経由でその様子を眺めていたYOUNG BOY TAO は、それが羨ましくてしょうがなかった・・・。指を咥えてDVDのパッケージ写真を眺めていたのが、つい昨日のように思い起こされる。

 で、時代は進み、2009年。
 人気の携帯端末、アイフォーンでポルノ、それも何と3D、飛び出すポルノなのである!
 それもおかしな立体メガネをかけなくても、特殊な保護膜を表面に張ればそれでOKらしい。さすがにアレをかけてじゃあ恥ずかしくて街中じゃあ観れないもの。まあ、かけなくても恥ずかしさには違いはないか。

 いいね、いいね、と、言いながら、フッと冷静になると、どんなシチュエーションで飛び出すポルノを観るのだろうか?
 通勤電車?
 まさか職場?
 いやいや、それはないだろう。
 スポーツバー?
 それもないな。
 自宅?
 たぶんそうだろうけど、それならパソコンがあるじゃない。
 ・・・そう考えてみると、う~ん、いったいどこなんだろう?
 家でも自由に一人になれない家族持ち、、、それって、オレ?
 風呂場?
 トイレ?
 考えれば考えるほど、有効利用の方法が浮かばないのだった。

 でも、とにかくおめでたいことには違いない、と、思う。
 
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。